新しい共認勢力
374126 1月中にトランプ大統領が戻ってくる!?
 
蒔田一雪 ( 壮年 ) 22/01/20 PM03 【印刷用へ
『みんなが知るべき情報gooブログ』リンク
からの情報を転載します。

彼が前から言っていた大事な情報はトランプ大統領が1月中に戻って来ると初めて何月と言っていた事を覚えておいてください。そして戻って来ると言う事は緊急放送、そしてネサラ・ゲサラ法の発表もこの残りの19日間の間にあると言う事になります!又人道的なプロジェクトの資金は一般にはまだ解放されていませんが進んでいる事は進んでいます。まだまだ1月に希望はかなりあると思いますので皆さん諦めないでください!僕自身は諦めていません!

それでは僕が気になったフィル氏の質問コーナーを書かさせて頂きます。
 1.トランプが言っていたコロナの治療法と日本で開発したUVライトによってコロナが治療出来る発表している事は繋がっていますか?
 確かにトランプ大統領が言っていた事と日本が開発したUVライトによってコロナの菌を殺すと言う事は繋がっている可能性は高いです。
 僕自身この関係をもっと深く調べてみます。そしてイベルメクチンが治療薬と言っていますがそれ以上にUVライトによっての治療の方のが確実に菌を殺す可能性があると思います。
 先ほどサーチエンジンで調べたら確かにどんどんUVライトによっての治療的な事が日本のホームページで書いていましたので、それが世界に治療器具として近い将来輸出される事になる可能性もあると思います!これで新たに日本の国としての株が上がる可能性があると思います!!!

2.(中略)

3.現在僕は個人で電気の工事や修理をしている仕事をしていますがもしテスラフリーエネルギーが始まった場合、仕事はなくなりますか?
 前にも話しましたがネサラ・ゲサラ法は一切に皆さんの仕事を減らす目的は全くありません。但し、少し今までやっていた仕事の形が変わるか別の仕事で必ず最低でも今までの給料かそれ以上の給料にはなるはずです。その為、心配しないでください。
 銀行員だろうが保険関係の人達も仕事は必ずなくなりませんのでご心配なく。

4.最近最後のスターリンク衛星が打ち上ったと言われていますがそれは緊急放送の稼働させる為に打ち上ったのでしょうか?
 僕はこの質問に対して100%分かりませんが可能性はあると思います。今までのスターリンク衛星がそこまでの電波が強くなかった可能性もありますし、もう一つは本来はこの最後の衛星は去年の6月か7月頃に打ち上る予定でした。それが今月になったのでやっと緊急放送が稼働出来る事になった可能性も大きいと思います。

5.トランプ大統領の7つのメッセージは緊急放送の前に送られるのでしょうか?
まずはトランプ大統領の7つのメッセージは差し迫っていると思います。但し、実際にトランプ大統領がメッセージを送る可能性もありますし、別の人が大統領メッセージを送る事もあります。そしてこのメッセージはバイデンが退任しなくても来る可能性があります。
そして緊急放送が稼働する前やネサラ・ゲサラ法が始まる前にバイデンが退任しなくても来てもおかしくはありません。全部が準備が出来たら関係なく始まると思います。そしてこの大統領メッセージは動画、録音のみだったりソシアルメディアに書かれる場合もあります。

6.(中略)

7.(中略)

8.世界的なグローバル戒厳令が近いです。7つの大統領メッセージは携帯電話が切れる前に携帯電話に送られます。そして悪魔軍が19日に展開し始める5Gウイルスタワーと同じ日にトランプ大統領が復帰する日と同じなのは何か関係があるのでしょうか?

9.1月20日にはクワンタム銀行システムが新しいスターリンク衛星インターネットを通して一般市民のお客様の為に始まります。
それではソシアルメディアからの情報を書かせて頂きます。

10.アメリカ国内では州軍が30州にわたって出動されています。何で出動したかと言うと今から始まる通貨リセットを守る為だと書いてあります。多分人道的なプロジェクトの資金を配る時には必ずその資金を盗もうとする人達が出て来る為、州軍が
資金を貰う人達を守る為だと書いています。もしそれが本当であればグローバル通貨リセットの次のステップに入る事になると言う事です!

11.今度はウルヴァリン氏からの情報です。緊急放送。天使軍は緊急放送を通して人道的な犯罪を犯した人達の名前を近い内に明かされます。又この軍事作戦は地球始まって以来の最大になる作戦でした。この見えない戦争は世界第二戦争よりも大きな戦争です。近い将来世界が変わります。神様の心に近づいていてください。地球は180度変化します。もう戦争は起こらず、新しいテクノロジーや癒しの技術を受け入れ、創造主と直接コンタクトを取り、最終的に真実を知ることになるでしょう。神様のお恵みが皆様にある様に。

12.今度は久しぶりにベンジャミンフルフォード氏からの情報です。まずは今までアメリカ株価や世界の株価をコントロールしていた悪魔軍が保有していた南極大陸に設置されていた違法経済システムサーバーが天使軍によって引き継いた為、資金が途切れたとCIAからの情報だそうです。

13.今度はフルフォード氏がこの1年間の間に偽コロナパンデミック攻撃も天使軍がかなり世界で動いてカザリアンマフィア(悪魔軍)を戦って制覇して来た為、現在ヨーロッパ、アメリカ、日本、中国や他の国々も大きく変わって来ました。
なぜこれが分かるかと言うとソビエト連邦の復活、ハリウッドの崩壊、そして悪魔軍からの日本の解放が実際に見えているからです。計画が最後まで上手く行けば2022年以内には人類が悪魔軍から完全開放されます。

14.最後にもう一つフルフォード氏からの日本情報です。現在日本に基地を持つ米軍はもう一切ワシントンDC(即ち悪魔軍がコントロールしていたバイデン政権)から一切命令を受けていないと日本の米軍基地の情報者からの話だそうです!

日本にある米軍基地の軍隊は新しく解放された独立国になった日本やアライアンスである台湾や韓国をサポートしていると言っていたそうです!
この日本が悪魔軍から独立したと言う証拠は日本がもう偽コロナパンデミックの偽情報をあまり報道しなくなったり、もうあまりコロナワクチンを一般市民に進めなくなったからだとフルフォード氏は書いています。
 
List
  この記事は 373459 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_374126
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
374644 ワクチン接種後の妊婦のほとんどすべての胎児が死亡 蒔田一雪 22/02/05 PM09
374477 コロナであぶり出される米国の民族主義 深ヰ紫 22/01/31 PM08
374389 いよいよGESARAか!?+トンガの海底火山噴火は人為的?! 蒔田一雪 22/01/28 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp