原始共同体社会
374043 略奪闘争前後、紀元前5000〜前500年アルプス山系の先史時代杭上住居跡群
 
野田雄二 ( 60 大阪 営業 ) 22/01/17 AM01 【印刷用へ
以前紹介した紀元前4000年の集落ケルン・リンデンタールリンクと並行して、ヨーロッパでは杭上住居跡群も見つかっています。エリア的には、ケルン・リンデンタールがドナウ川流域だったのに対して、杭上住居跡群はアルプス山脈周辺とやや異なっています。その特徴を見ていきます。

・年代的には紀元前5000〜前500年。アルプス山脈周辺に6か国111件に及ぶ史跡が残っており世界遺産に指定されている。イタリア19件、オーストリア5件、スイス56件、スロベニア2件、ドイツ18件、フランス11件。

・杭上住居とは、陸地や湿地、湖や川の中や周辺に多数の杭を打ち、その上に板を張って床とする高床式の住居。

・傾斜地や水辺などにも建てることができ、地面と床を離すことで水や害虫・害獣の侵入を手軽に防ぐことができる。

・後期には漁撈も行なったが、むしろ湖上に立てた当初の理由は、外敵に対する警戒や、農業に適した土地を住宅地に割かなくてすむようにするなどの理由であったと考えられている。

・湖や川の流域の変化によって水没したり乾燥したりして集落は5〜20年ほどで移転していたようだが、中には50〜100年ほど存続したと見られる集落も発見されている。

・住居以外に石器や青銅器・鉄器・陶器・火打石・金・織物・帽子・靴・網・箱・船・穀物・果実・貝・鳥の卵・動物の骨・ハチミツといった遺物が発見されている。

・紀元前3400年頃の車(車輪)や紀元前3000年頃の織物など、ヨーロッパ最古級の発見も少なくない。

・多くの集落で農業が行われており、小麦や大麦の栽培の跡が見られる。動物の家畜化も進められ、ブタやヤギ、ヒツジの骨が発見されている。夏は山の牧草地で放牧を行い、冬は家畜小屋で舎飼(畜舎で飼料を与えて家畜を飼うこと)を行っていたようだ(移牧)。

・紀元前2200年ほどまでさかのぼるスロベニアの杭上集落ではヨーロッパ最初期の冶金(金属の製錬・精製・加工・製造)の証拠が出土しており、新石器時代から青銅器・鉄器時代へ移行する様子がうかがえる。鉄が普及する紀元前800年頃になるとこうした水辺の集落は急速に姿を消していく。

時代的には、略奪闘争の開始前から開始後に渡って存続している。弓矢発明後の人口増加に伴って、アルプス山脈の周囲で平地が少なく、浸水のおそれのある水辺や沼地まで人類の定住域が拡大した時代ではないか。

居住条件が悪い辺境の地であったために、略奪闘争の到達が遅れ、略奪闘争開始後も存続できたのかもしれない。鉄の普及と同時期に姿を消しており、鉄器の登場で略奪闘争が激化し辺境にまで略奪が及び、姿を消したとも考えられる。

以下参考

■アルプス山系の先史時代杭上住居跡群リンク
■アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群リンク
 
List
  この記事は 373570 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_374043
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp