宇宙・地球
373854 「新しい惑星の形成過程」が提唱される 重力の他に磁力が重要な要因になっていた
 
廣渕一志 ( 中年 福岡 技術者 ) 22/01/09 PM01 【印刷用へ
宇宙の運動を引き起こす力は何か?この間調べていくと、『重力』と『電磁力』で説明しているケースが多いです。現在、宇宙の運動をどのように説明しているのか?今回は、新しい惑星が出来るときにどのように考えられているのかを題材に調べてみました。

『ナゾロジー』さんに参考になる記事がありました。引用させて頂きます。リンク
(以下引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月11日に科学雑誌『Nature Astronomy』で発表された新しい研究は、そうした問題を解決させる新しい惑星形成モデルのシミュレーションに成功したと報告しています。

その新しいモデルでは、惑星形成に作用する力として従来の重力の影響だけでなく、磁力を計算に入れるのだといいますが、それは一体何を意味するのでしょうか?

■系外惑星に見られるとある疑問
 ここ25年間で、天文学では4000を超える系外惑星が発見されました。そこには、非常に熱いガス惑星であるホット・ジュピターや、スーパーアースと呼ばれる太陽系には存在しないタイプの多様な惑星が数多く見つかっています。

ホット・ジュピターは太陽の近くにある巨大ガス惑星で、その名の通り木星タイプの惑星です。

スーパーアースは地球より数倍から10倍程度大きい岩石惑星で、中間質量の惑星ということができます。

惑星の種類に多様性があることは、現在の惑星形成モデルから考えた場合不自然なことではありません。

現在のモデルでは、惑星は原始太陽が周囲のチリやガスを巻き込んで作り出した原始惑星系円盤から形成されると考えられています。

この円盤内で重力の不安定性がきっかけとなってチリとガスが凝集し、これが核となって最終的には惑星が形成されます。

これは主星からの距離や、周囲物質の種類によってさまざまなタイプの惑星が形成されるのです。

ただ、このモデルに従った場合、現在宇宙で見つかる惑星タイプの偏りに疑問が浮かぶのだといいます。

それは、現在宇宙にもっとも普遍的に存在し、数多く見つかるタイプの惑星がスーパーアースだということです。

スーパーアースが生まれた場合、それは円盤内で暴走的なガスを捕獲する確率が高くなるため、通常は巨大ガス惑星に成長する可能性が高くなります。

このため、現在の惑星形成モデルの予想では、スーパーアースよりホット・ジュピターのような重い巨大ガス惑星の方が多く見つからないと不自然だということになるのです。

ではなぜ、宇宙には巨大ガス惑星よりも、中間質量の岩石惑星スーパーアースの方が多いという結果になるのでしょうか?

これまでその理由については、主に2つの原因が考えられていました。

1つはスーパーアースが、円盤ガスの腫れ上がりの直前に形成されたため、あまりガスを捕獲できなかったという説です。

もう1つは、スーパーアースは惑星形成の初期に形成されたものの、何らかの理由でガスを捕獲できなかったという説です。

この何らかの理由は、惑星の大気循環などが原因となってガスの捕獲を阻害するというものですが、現実的に考えた場合、スーパーアースは惑星形成時期の遅い段階で形成されやすいという解釈の方がもっともらしいといえます。

ただこれを明確に説明する方法はわかっていませんでした。そこで、今回の研究は惑星形成モデルを見直して、新たな形成プロセスを考えたのです。

■惑星を形成する2つの力
 研究チームが考えたのは、惑星形成に磁場が関連しているというものでした。これまでの惑星形成モデルは重力のみが想定されてきました。

これは非常に広範囲に影響する力ですが、より惑星の核に近い短い距離では、磁場のほうが支配的です。

そこでチームは磁場が惑星形成に与える影響を含めたモデルを作ろうと考えました。

しかし、重力と磁力は規模も性質も異なる力のため、これを統合するというのは非常に困難です。

これまでのところ、片方の効果をうまく捉えたコンピュータシミュレーションは、もう一方の力をうまく取り込むことができませんでした。

そこで研究チームはさまざまな専門知識を駆使し、重力と磁気の両方について深い理論的理解をした上で、これをコードに変換して対照的な力を同時に効率よく計算するシミュレーションを作り上げたのです。

これは非常に膨大な計算量を必要としました。そこでチームはスイス国立スーパーコンピュティングセンター(CSCS)の強力な計算機「PizDaint」を使って、このモデルの計算をおこなったのです。

この結果は非常に興味深いものとなりました。

磁場は成長中の惑星に質量を取り込む重要な力としてはたらきましたが、これはある質量を超えたとき物質を蓄積することが困難だったのです。

これはまさに私たちが観測している宇宙の状況と一致するものでした。

つまり、惑星形成はある質量までは磁場の影響によりスムーズに進みますが、それ以上のサイズへ成長することは基本的に困難だということが示されたのです。

重力と磁力、2つの力の作用によって、宇宙には中間質量惑星が多く形成され、巨大ガス惑星は稀な存在となっていたのです。

この結果は、まだ最初のステップに過ぎないと研究チームは語っていますが、惑星形成シミュレーションをより深く理解していくために重要な発見となるものです。
(引用終わり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上記の内容の結論は、『重力と電磁力の2つの力の作用で、宇宙の運動(惑星形成)が解明出来そう』ということです。
ただし、疑問が湧きます。何故今まで、重力に着目してきたのか?

日常の事を考えると、磁石でくっついたものは、重力で下に引かれる力より大きい。つまり、数グラムの磁石が生み出す磁力の方が地球という巨大な物体の生み出す重力より強力だと感じます。

実際、自然界には、物理学が定める4つの基本的な力、「強い核力」「弱い核力」「電磁力」「重力」があると言われていますが、重力は4つの力の中でも格段に弱い力とされています。

それに加え、前回調べたように、宇宙の運動が『回転、波』であるということを考えあわせると、電磁波が宇宙の運動に影響を与える力だと考えたほうが素直な感じがします。今後、@重力と電磁波の関係A電磁波が地球に与える影響の2つの方向で調べていきます。
 
List
  この記事は 373480 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373854
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
373940 世界初、地球に被害を及ぼす「巨大太陽フレア」を正確に予測する物理モデルが開発される(名古屋大) 廣渕一志 22/01/12 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp