日本を守るのに、右も左もない
373798 新疆ウイグル弾圧と中国覇権どうする?
 
阿留毘 ( 72 奈良 会社員 ) 22/01/07 AM09 【印刷用へ
欧米諸国は民族大虐殺(ジェノサイド)と非難決議をしているが、日本(政府も与党も)は腰が重く歯切れが悪い。秋の国会も今回の臨時国会も非難決議は先送りされた。今の政府は宏池会派で親中国。党の幹事長も旧経世会(元田中派)で親中国。先送りで煮え切らないのは想定通りである。

親中国なら親中国でもいいが、尖閣の領海侵犯も、中露海軍による日本列島回遊(津軽海峡通過から太平洋南下、大隅海峡通過、南西諸島経由で東シナ海に至る)の恣意行為も即辞めさせるよう通告するべきである。
自分たちが新中国を自負するのならば、領海侵犯を繰り返されての沈黙は許されない。堂々と主張して止めさせてもらいたい。最近では、共産党始め野党までもが異議を唱え始めている。何故、政府自民党に出来ないのか。

この2,3年香港の民主化が踏みにじられ、次は台湾侵攻が目前に迫っている。日本も友邦国を助けるか見て見ぬふりをするか選択の時は近づいている。

ウイグル人に対する同化の方法には驚くべきものがある。年月を掛けた血の漢人化政策で、徹底した監視社会の実現と両輪で、ともに成功を収めつつあるかに見える。本国を出て、民族解放運動の先頭に立つ人々を、国に残る家族(親、兄弟)を人質に追い詰めていく様は到底人間技とは想えない。これを行使している漢人も監視社会の圧力をもろに受けていることは間違いない。従って救いようがない現実が終わることなく続いていく。

我々に出来ることはないのか。モタモタせずさっさと国会で非難決議を採択し、米国やEU、豪州、カナダなどの価値観を共有する友好国と共にウイグル人の解放を中国に突き付けるしかない。経済関係がどうのこうのと逡巡している場合ではない。こんなことを見過ごしていては、中国の覇権など止めようがなくなる。

中国人から見た日本人は議論はするが誰一人決断を下さない。従って、事が起こってしまってからも、その責任は誰も取ろうとしない。全てが曖昧で強く出れば引くだけで、日本人(日本国)には意思というものがない。

確かに戦後の日本は中国人に指摘されるように、米国の支配に隷属したままで今日を迎えている。いつまでも許されるものではない。日本の意思を明確に打ち出す時期は目前に迫っている。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373798
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp