原始人類の婚姻様式と男女和合充足
373784 縄文時代の性事情は命がけ 集団が生き残るための行為
 
匿名希望 22/01/06 PM08 【印刷用へ
天敵も多く、非常に高い自然外圧の中で集団を形成し、集落をつくり暮らしていた縄文人。平均寿命も短く、出産そのものが母も子も命がけ。
その中で考えるのは集団をどう継続させていくか。家族・恋人等の関係性はなく、そこにいるすべてのものが一体である共同体。
その時の性生活への認識も今とはまるで異なるものだった。本能レベルからくる欠乏・子孫繁栄。集団を形成していく上では欠かせない行為だった。

以下引用

縄文時代の人たちの歴史は性行為を生き残るためにしていたと言われている。またこの時代は避妊をするという認識がほとんどなく日常的に縄文時代の人達は子孫を残すため
性行為をたくさんしていたと言われている。
もし子供ができても出産後にすぐに亡くなってしまう事も多く生き残ったとしても短命だったことから性行為をし子供をたくさん産み子孫が途絶えないようにする事に
必死だったというのだ。

昔の人達の性生活の歴史は主に野外で行われていたと言われている縄文時代の人達は現代の様に電気のような明かりがない。そのため自分たちが起こした火を頼りに夜の生活を営んでいたというのだ。しかし暗くなると動物も多くみられるため安全な環境ではなかった。そうなると自然と性行為を行うのは昼間の明るいうちだったと言われている。昔の人達には現代人のような性行為においての羞恥心がなかった。
だからこそ人前で性行為をするのは当たり前だったようだ。そして周りの性行為を目の当たりにしながら昔の人達は自然と性行為を学習していたという。縄文時代の人達は短命だった理由…!縄文時代の平均寿命は男女共々15歳だと言われている。これは乳児の死亡率がとても高かった事。そして今の時代と比べ、医療技術もない時代だったことから女性が出産の時に命を落とす危険性もあったからだという。

縄文人の○○は抜群に長けていた!
縄文時代と言えば貝塚や土器などを思い浮かべるだろう。しかし現代のように機器の復旧もしていない時代だ。土器などを作り上げていた昔の人の性生活とはどんなものだったのだろうか?避妊などの知識はないも等しかったが実は昔の人達は性行為の技術がとても長けていたと言われている。現代人の性行為をする時間はおよそ一時間程度に満たないと言われている。長い人でも二時間くらいだ。
しかし、昔の人達の性行為に及ぶ時間はなんと一晩中だったというのだ!そして縄文時代の男女には驚きの事実が隠されていた…なんと縄文時代の男性は性行為の時オーガズムをコントロールできていのたのだ!
縄文時代の人達は性行為においてとてもタフでテクニシャンだったと言われている。昔の人は現代の人達よりずっと体力があり一度性行為をし始めると一晩中性行為ができた。その間男性はセックスの絶頂をコントロールでき女性も自在にオーガズムをコントロールできていた事から一晩中性行為に打ち込めたという。しかしこれだけではない…過去には現代には考えられないこんな時代が存在した。現代には考えられない…こんな時代があった!
1.本能のままの原始時代
原始人と言えば
アニメや漫画教科書出てきていたり時にはテレビで原始人のキャラクターが起用されるなど…今なお原始人という言葉は残っている。裸ん坊でマンモスを追いかける原始人たちが存在した旧石器時代。原始人が存在していた旧石器時代には性生活は食べるや寝る事と同じで本能のままにしているものだった。今では当たり前にある「夫婦」の形や「結婚」と言った概念は原始人の時代にはなく特定の相手を持たなかったと言われている。また原始人は現代のように各々の住居もなく集団で生活をしていた。そのため男性と女性の原始人の集団が本能のおもむくままに性行為をしていたとみられる。原始人の時代には人間というより動物に近い存在であってそこに秩序などはなかった可能性は高い。

リンク
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373784
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp