新しい共認勢力
373702 NESARA GESARA 1
 
匿名希望F 22/01/03 PM06 【印刷用へ
NESARA GESARA (ネサラ/ゲサラ)(リンク)APalog芹澤絵美氏の記事より転載します。
---------------------------------------------
3/4アップデートのサイモン・パークス氏の動画によると、
トランプ大統領がスイスでQFS(量子金融システム)に関する何かに署名したとのことです。

トランプ大統領がスイスを訪問したのは、CPAC翌日の3/1か3/2と推測されており、
ちょうど3/2に、American EventsというYouTubeチャンネルが、
「Donald Trump Surprise Visit to Switzerland」という動画をアップしていました。
そこには、マリーン・ワンで降り立つトランプ大統領の姿が収められていました。
動画は2本の映像が続けて収録されていて、
1本目は、2018年にトランプ大統領がダボス会議に出席した時のもので、
スイスのテレビ局の実況中継が一緒に入っています。
2本目は2分54秒から始まりますが、一見1本目の別アングルのようにしか見えないのですが、
よく見ると、マリーン・ワンから降りてくるトランプ大統領以外の人物構成が違っているのと、
降りてから車輌に乗り込むまでの間のトランプ大統領の動きが違ったり(1本目の映像では2度立ち止まり誰かと握手したり話したりしている)、
トランプ大統領の乗り込んだ車輌の前の車列の車の色が違っています。
おそらく投稿者は、2本目の映像が2018年のものと違うという検証の為に2本の映像を連続して入れたのだと思います。

2本目が、今年のものかは検証しようがないのであくまでも未確認情報となりますが、
サイモン・パークス氏は「映像は残念ながら古いものでしたが、トランプ大統領は確かにスイスに行き、QFSに関する書類に署名した」と言っています。
・サイモン・パークス3/4アップデートオリジナル動画
・マタタビの羅針盤さんによる和訳動画

サイモン・パークス氏は、
2/24の動画で、QFSが米国内(NESARA)で発動されたと言っており、
今回のQFSは世界(GESARA)で発動されたということです。
 

NESARA(National Economic Stabilization and Reformation Act)
GESARA(Global Economic Stabilization and Reformation Act))


NESARA/GESARAは、ハーベイ・バーナード氏によって発案された経済改革案で、
インターネット上に登場したのは2001年です。
しかし、シャイニ・グッドウィンという人物によって、議会で法案が可決されたというデマが流され、最終的にはトカゲ系宇宙人に政府が乗っ取られているなどの妄想と結びつけられ、長らく都市伝説として扱われてきました。


NESARA法を採用した場合、
・FRB(連邦準備制度)を財務省が国営化し、為替相場の変動を抑える金本位制にする。
・国税庁を解体し、税制度を廃止し、政府の歳入は、売上税から得る。売上税が課税されるのは新品商品に限定され、中古品や生活必需品には課されない。
・通貨評価替えや世界通貨改革によりクレジットカードやローンの負債が免除される。
・量子金融システムにより銀行間送金による資金洗浄が出来なくなる。
・現在の大統領と副大統領の辞任を必要とし、NESARAの憲法に則った大統領及び副大統領が替わりとして次期選挙まで任命される。

以上のことが実現されると、お金によって全てが決定されてきたシステムが解体され、お金に困る人がいなくなると言われています。
 
List
  この記事は 372419 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373702
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
373704 NESARA GESARA2 匿名希望F 22/01/03 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp