原始共同体社会
373652 人類が弓矢を発明し地上に進出した時代?紀元前2万5000年の集落ドルニ・ベストニツェ(チェコスロバキア)
 
野田雄二 ( 60 大阪 営業 ) 22/01/01 PM05 【印刷用へ
・後期旧石器時代オーリニャック文化にあたるチェコスロバキアのドルニ・ベストニツェ遺跡では,大小の竪穴住居が見つかり,大は15m×9mの楕円形で,共同家屋と考えられている。小は径6mの円形。

・傾斜面にあるため,高い方の地面を削り,低い方は粘土と石で弧状に盛り上げており,中央に炉がある。周縁に5本の主柱を立てて小枝で支え,上にマンモスの骨や皮,木材,草などで造った屋根をのせていたと考えられる。画像はこちらを参照リンク

・近くの沼跡には100頭ほどのマンモスの骨が重なって捨てられてあり,肉の貯蔵所かと思われる。またその住居址の縁部には,40歳くらいの女性の埋葬が認められた。横臥屈葬で赤色顔料がかけられ,2枚のマンモスの肩甲骨で覆ってあった。

・ドルニ・ベストニツェは現在のモラビアにある谷で、最後の氷河期の頃にはマンモスやトナカイに満ちていた。

・マンモス狩猟者の古代の住居跡からこのグラヴェット文化期の小像を発掘したのだが、この小像は、粘土と骨を混ぜたものを成形し、焼成されたもので、これが世界最古の土偶である。

・ドルニ・ベストニツェのヴィーナス、全長は11.1cm、約2万9千年から約2万5千年前に作られたものと推定される。2004年に行われた断層撮影による調査の結果、その表面に7歳から15歳とみられる年齢の子供の指紋が残されていることが分かった。しかし、その指紋の持ち主がこの像の作者であるかどうかは不明である。

・ある研究者は、この小像が高度に抽象化されており、霊的な顔を持つことから、非人間的な女性=精霊であるとか、もっと具体的に、転生を約束する死をつかさどる神話上の女の精霊であるとかいっている。

・他にマンモスの牙製の彫像として、乳房をつけた棒状品 1 点,二股のフォーク形 1 点,乳房だけを単独に造形した装身具8点,女性の頭部(最古の肖像)1 点が出土している。

・またこの遺跡では、不明瞭なものながら織物の圧痕が見つかっている。

・オーリニャック文化で代表的な石器は片刃の石刃、縦型の石匕、石のみ、刻刀など。石器の他に使用された道具としては骨角製の針、錐、銛などがある。また、洞窟絵画や彫刻などが製作されたのはオーリニャック文化期からで、ドルドーニュ地方のラスコー洞窟に残る牛、馬、鹿の絵など、多彩な壁画が発見されている。ベルギーからスペインまで及びイタリアがオーリニャック文化の文化圏と考えられている。

オーリニャック文化の初期には、洞窟壁画も多く残されていることから、それまで洞窟に暮らしていた人類が、弓矢を発明して地上に進出した時期の文化と推測される。まだ農耕は始まっておらず、狩猟採取で暮らしていた様子。住居址もそれほど多くなさそうで人口も少なかったであろう。

ヴィーナス像や、女性の頭部の肖像、乳房を造形した装身具が見つかっており、埋葬された女性に赤色顔料がかけられているなど、女性を重視していることから、母系制の集団であったと推測できる。

詳細は以下を参照
■ドルニ・ベストニツェリンク
■ドルニ・ベストーニスのヴィーナスリンク
■氷河期の芸術――大英博物館の展示会リンク
■織物技術の歴史リンク
■ライン−ダニューブグループとしてまとめられるもの その1リンク
■17点のドルニ・ベストニツェのストックフォトと写真リンク
■オーリニャック文化リンク
 
List
  この記事は 373438 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373652
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp