人類の起源と人類の拡散
373609 世間的に人類の単一部族進化説の学説も覆されてきている
 
匿名希望 21/12/30 PM09 【印刷用へ
これまで人類の起源は東アフリカの大地溝帯の辺りから各地へ移動していったとされる設が有力でしたが、ここ最近は遺伝学的にも様々な種の交配の中で進化してきたとされる見方が有力になってきているようです。

以下リンク より
*****

現生人類の起源を巡る謎とは?

現生人類が属する「ホモ・サピエンス」の起源に関して、「東アフリカの単一の部族から進化した」という学説が広く支持されている一方、さまざまな血統をたどれることも研究により明らかになってきています。そんなホモ・サピエンスの起源を巡る謎について、遺伝学者のラジブ・カーン氏が解説しています。

Yo mama's mama's mama's mama... etc.
リンク

現生人類であるホモ・サピエンスは今から6万年前に前の種から進化したと考えられています。この6万年前という時期にはホモ・サピエンスだけでなく、同じヒト科であるネアンデルタール人やホモ・エレクトスが共存していたとされていますが、これら近縁種は時間がたつにつれ絶滅していきました。しかし、遺伝学者であるカーン氏は「これらの血統は全て途絶えたわけではなく、私たち自身の血統に吸収されている」と論じています。

カーン氏は、アフリカから広がったネアンデルタール人や、東アジアに広がったデニソワ人はホモ・サピエンスと交わり、その遺伝的特徴が現代の人々にも現れていると話しています。これら近縁種はホモ・サピエンスの直接の祖先ではないものの、いとこに近い種であることは間違いなく、数十万年にわたる世界的な変化の中でさまざまな相互作用が生まれていったとのこと。

20年以上の間、ホモ・サピエンスは東アフリカの一部の部族から拡大し、全ての先住種に取って代わったという説が支持されてきましたが、現代人の遺伝子を研究する一部の学者らによって、「アフリカ人以外の現代人はネアンデルタール人に似ている」などの説が唱えられ、単一起源説が覆るような動きも見られているとのことです。

従来の化石を中心とした調査に加え、現代人の遺伝的特徴の研究や、古代人の特徴をDNAから導き出す古遺伝学などが行われ、さまざまな説が多方面から持ち上がっています。カーン氏は「古人類学者と遺伝学者が協力して、すべての現代人が単一の東アフリカの部族の子孫であるというシンプルな考えは修正されました」と記し、複雑な起源が解き明かされる過程にあることを示しました。

*****
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373609
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【縄文再考】そもそも人類の起源はどうなの?アジアのヒト進化を考える 「縄文と古代文明を探求しよう!」 22/01/13 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp