原始共同体社会
373570 略奪闘争以前、紀元前4000年の集落ケルン・リンデンタール(ドイツ)
 
野田雄二 ( 60 大阪 営業 ) 21/12/29 AM05 【印刷用へ
前回は略奪闘争以前の集落として、チャタル・ヒュユク(トルコ)373438を紹介しましたが、世界に同様な集落がないか調べてみました。ヨーロッパでも略奪闘争以前の集落がドナウ川沿いに広がっていたようです。

・ヨーロッパの新石器時代ダニューブ文化期に属する。炭素14法による測定年代で前4000‐前3000年代。

・線帯文土器Linearkeramik,靴に似た形の磨製石斧,地中海産巻貝の装飾品,ロングハウス(長さ40m,幅6〜7m),側面屈葬による埋葬という共通した特徴をもつ。

・チェコのビラニイ(プラハ東南東60km),オランダ最南部のシッタルトSittardなどの集落遺跡も知られている。

・村の規模全体が,北集落(2670u)と南集落(8270u)で合わせて50軒の長い家屋(長さ30m以上,最大幅7m)が見いだされた。

・そこでの一般的な住居は,大型の長方形平面で屋根は切妻,編枝塗壁を立ち上げ,杭の上に低い床を張った一種の高床住居であった。

・一部に土間を設けて家畜を飼育していた。

・一方では竪穴住居も採用されていたが,その大きさや形態は一定していない。

・焼畑農耕を基盤とする農耕を営んだと考えられる。麦を栽培し,牛,豚などの家畜を飼った。

・西南アジアで成立した新石器文化が,西ヘ向った流れは,ギリシアなどの地域からドナウ川流域へ入り,ドナウ川沿いに,本流,支流を問わず広がっていった。

・現在の証拠は新石器時代の物質的文化が西アナトリアを経由してヨーロッパに伝わり、そして北アフリカや黒海の草原地帯の文化との類似点はヨーロッパからの伝播によるものであることを示唆している。

・具体的な年代にかかわらず、多くのヨーロッパの新石器時代のグループは基本的な特性を共有している。たとえば小規模の生活、平等主義と推定されること、家族を基本とする共同体、家畜動植物に狩猟と野生植物の採集を加えてやっとの生活、そして手作りの、すなわちろくろを使わず作られた土器などである。

・多くの違いも存在する。いくつかの南東ヨーロッパの新石器時代の共同体は3,000人から4,000人が固く防備された集落で暮らしていたが(たとえば、ギリシアのセスクロ)、これに対してイングランドの新石器時代のグループは小さく(推定 50から100人)遊牧生活をしていた。

ヨーロッパの新石器文化は、先に紹介した、チャタル・ヒュユクの影響を受けているようです。全体的には平等な共同体社会だったようですが、固く防備された集落も見つかっており、人工の増加に伴って徐々に緊張が高まっている様子も見受けられます。

ケルン・リンデンタールの詳細な情報は見つかりませんでしたが、高床住戸と竪穴住居が混在していることから、貧富の差が発生し始めている可能性もあります。

詳細は以下を参照
■ケルン・リンデンタールリンク
■ドナウ文化リンク
■竪穴住居リンク
■新石器時代のヨーロッパリンク
 
List
  この記事は 373438 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373570
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
374043 略奪闘争前後、紀元前5000〜前500年アルプス山系の先史時代杭上住居跡群 野田雄二 22/01/17 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp