国家の支配構造と私権原理
370861 産業資本:王権支配の身分序列をのし上がったメディチ・フッガーと、近代国家の骨格を作ったヘッセン
 
森明幸美 ( 31 大阪 会社員 ) 21/09/26 PM11
十字軍を通して、騎士団を組織し、陸・海の交易インフラと金融システムを構築した奥の院。しかし、その市場拡大の恩恵は奥の院のみならず、商人全体に影響を及ぼした。その結果、モノづくり→交易で資力を蓄積する産業資本が登場した。中でも、その資金蓄積が突出したのが、メディチ家・フッガー家・ヘッセン家であるが、その後奥の院の資金蓄積を上回り、大英帝国の名のもとに世界経済をけん引し、近代国家・市場社会の骨組みを築いてゆくのはヘッセン家である。ヘッセンは、その他の産業資本と何が違ったのか?

■王権支配の身分序列をのし上がったメディチ家・フッガー家
メディチ家は、毛織物の特産地だったフィレンツェにおいて、毛織物の染色に使う薬品であるミョウバンを筆頭に、医薬品や香水などを開発・売買することで頭角を現していった商人だ。原材料は特産地で安く仕入れ、フィレンツェで付加価値を付け、遠隔地で高値で売りさばく遠隔地商法や交易によって資力を拡大していった。加えて、遠隔地にある各拠点を利用して、両替商や銀行・金貸し業を営み、莫大な資力を蓄積すると共に、その資金力でローマ教皇の地位にまで上り詰め、その権力と財力を獲得してゆく。

同じく、フッガー家も毛織物業→遠隔商法→金貸し業へと発展してゆく。その中で、抵当として鉱山を手に入れ、金・銀・銅を採掘→加工して莫大な財を成し、金貸しとしても頭角を現してゆく(当時、銀は硬貨から銀食器など幅広い需要がある最重要金属だった)。そして、王族の金庫番や貨幣づくりを担うことで地位と権力を獲得していった。

両者に共通するのは、モノづくりで財を成し、その財と拠点を基に金融屋へと転身し、さらにその財力で国家=王族支配の身分序列の枠内で上位の地位を獲得したということ。つまり、メディチもヘッセンも、王族支配の国家体制を前提とした私権拡大の道を究めていったということ。

■近代国家の骨格を作ったヘッセン家
ヘッセン家はドイツ騎士団出身で、ドイツ→オランダを拠点に、傭兵業や毛織物業→遠隔商法・海運業を大きな生業としていた。しかし、そこに王族=ハプスブルクによる干渉・課税の横やりが入る。そこで、ヘッセン家は王族支配から脱却し、全力で資力を拡大すべく当時オランダを支配していたハプスブルク帝国からの独立を実現した。
独立してからのオランダには、殖産興業と商業中心の体制に惹かれて商人や毛織物業者たちが集結してくる(ヘッセンが集結させたともいえる)。そして、風車や造船などの機械工業を発展させ、その技術力を土台に新農法を開発し、農地に適さず誰も住みたがらないような湿地だったオランダはヨーロッパ随一の工業都市となっていった。
その工業生産力を土台にした交易事業により、オランダは世界商業の覇権を握り、大航海時代を先導してゆく存在となり、その莫大な資金蓄積で金融業にも進出する。
しかし、オランダはまだハプスブルク帝国や奥の院の騎士団ネットワークと地続きであり、王族支配体制の名残もあるし、いつ干渉や攻撃を受けるとも限らない。従って、ヘッセン家はこの王族支配から脱却し、殖産興業で更に市場を拡大したオランダでの成功体験を土台に、誰の支配も及ばない辺境の地=イギリスに進出してゆく。(⇒名誉革命リンク

そして、旧体制=王族支配のしがらみから抜け出したヘッセンは、工業生産によって世界の覇権を握り、世界に市場を拡大してゆく。こうして工業生産力が資力や武力を規定する近代国家の骨格が築かれていったのだ。
この資力拡大⇒旧体制からの脱却→農業生産から工業生産への転換という新しい勝ち筋を見出し、近代化をけん引したのが、ヘッセン家の強さだと言える
 
List
  この記事は 370434 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_370861
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
371666 商人の資力が社会の空気を変えたルネサンス 森明幸美 21/10/22 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp