日本人の起源(縄文・弥生・大和)
370664 日本人のルーツをDNAの塩基配列から考える〜ハプログループ分類〜
 
志葉楽 21/09/19 PM01
日本人の祖先のルーツを調べる上で、ハプログループに注目するのは、ある種、常套手段となっています。

ハプログループとは、人間の細胞内の「ミトコンドリア」と呼ばれる器官のDNAの多型を用いて分類される遺伝的なグループのことです。 ミトコンドリアは祖母から母親、母親から自分と母系を伝って受け継がれるため、ミトコンドリアのDNAを調べることによって母系の祖先のルーツを辿ることができると考えられているのです。

スンダランドの民を起源とする南方系モンゴロイドはハプログループM系に属し、東アジアの民を起源とする北方系で考えるとハプログループD系に属することになります。

しかし、現実には現代日本人は下記の通り、複数のハプログループのDNAを遺伝情報として持っており、どれか一つを起源として結論づけるのは難しいというのが実態です。おそらく、いくつかの民族が日本列島に入っており、その中で混血したり、民族として途絶えたり、旧石器時代〜縄文時代に生存外圧によって淘汰されたと考えるのが全うであると思われます。

今後、さらに深掘りして、現段階でわかっている情報から日本人、縄文人のルーツについて仮説を立てていきたいと思います。

(以下、リンクより引用)

遺伝子には「祖先にどのような特徴があったのか」という情報が刻まれており、多くの日本人は祖先の系統ごとに大きく以下10種の「ハプログループ(ミトコンドリアハプログループ)」に分類されています。

■お米党が多い!?「稲作の民」
(ハプログループD/遠い血縁:中国中部の人々)
中国中部が起源とされるハプログループDは、35%以上の日本人が該当する最大のグループです。日本以外では中国や朝鮮半島にも多く、東アジア集団を特徴づけるグループといえます。 「稲作の民」の祖先は、中国中部で原始的な稲作を開始し、その技術とともに日本へやって来ることで 弥生時代の到来に貢献したと考えられています。

■冒険大好き!?「海の覇者」
(ハプログループB/遠い血縁:ハワイの原住民)
中国南部が起源とされるハプログループBは、ハワイを含む太平洋の島々から南米大陸まで、全世界に分布を拡げた開拓精神あふれるグループで、 日本人の約13%が該当します。日本には比較的古い時代に南方からやってきて、縄文人になったと考えられています。

■東南アジアの島々に郷愁を感じる?
「日本最古の定住者」(ハプログループM7)
海底に沈んだ「スンダランド」と呼ばれる大陸が起源とされるハプログループM7は、日本人の約13%が該当します。日本人独特の集団で、日本列島に最も古くから居住しているグループだと考えられおり、数万年前に南方から日本へやってきて、縄文人として繁栄したとされています。

■寒さに強い人が多い?「最北の住人」
(ハプログループG/遠い血縁:シベリア地方の人々)
中国北部が起源とされるハプログループGは、日本人の約7%が該当します。日本以外ではシベリアなど北部地域に多いのが特徴で、日本には中国経由でやってきて弥生人になったグループと、シベリア方面からやってきてアイヌ人になったグループがいると考えられています。

■狩猟が好き?「北の狩人」
(ハプログループA/遠い血縁:アメリカ先住民)
シベリアが起源とされるハプログループAは、日本人の約7%が該当します。古代にはシベリアでマンモスを狩猟していたとも考えられており、現代では東アジアからアメリカ大陸まで広く分布しています。日本には比較的古い時代にやってきて、縄文人の一部になったといわれています。

■肉より魚が好き!?「流氷の民」
(ハプログループN9/遠い血縁:カムチャツカ半島の人々)
ユーラシア北部が起源とされるハプログループN9は、日本人の約7%が該当します。カムチャツカ半島をはじめとする北東アジアに分布しており、日本には比較的古い時代にやってきて縄文人になったグループと、 比較的新しい時代にやってきてオホーツク文化を形成したグループがいると考えられており、古代から魚を食していたといわれています。

■バカンスは南国で過ごす?「熱帯の開拓者」
(ハプログループF/遠い血縁:東南アジアの人々)
東南アジアが起源とされるハプログループFは、日本人の約5%が該当します。東南アジアで最も多くの人が該当するグループで、それ以外にはあまり拡がっていないのが特徴です。大陸を北上して朝鮮半島経由で日本にやってきた可能性が高いといわれています。

■雪好きが多い?「北国の民」
(ハプログループZ/遠い血縁:フィンランドの先住民)
中国北部が起源とされるハプログループZは、日本人の約1%が該当します。現代ではシベリアを中心に北欧の一部地域にも拡がっており、ヨーロッパとの繋がりをもつアジアでは珍しいグループです。

■勇敢者が多い!?「大陸民族」
(ハプログループM8a/遠い血縁:中国の漢民族)
中国北部が起源とされるハプログループM8aは、日本人の約1%が該当します。大陸で歴史を築いた勇敢な民族である「中国漢民族」を特徴づけるグループといわれています。日本には弥生時代に稲作とともにやってきて弥生人になった可能性が高いと考えられています。

■大草原にノスタルジーを感じる?「遊牧民族」
(ハプログループC/遠い血縁:中央アジア、モンゴルの人々)
中国北部が起源とされるハプログループCは、日本人の約1%が該当します。中央アジアからアメリカ大陸まで広く分布しており、日本には弥生時代に一部の人々がやってきたと考えられています。

ハプログループは、人間の細胞内の「ミトコンドリア」と呼ばれる器官のDNAの多型を用いて分類される遺伝的なグループ。ミトコンドリアは祖母から母親、母親から自分と母系を伝って受け継がれるため、ミトコンドリアのDNAを調べることによって母系の祖先のルーツを辿ることができると考えられています。

(引用終わり)
 
List
  この記事は 370279 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_370664
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp