原始人類の婚姻様式と男女和合充足
370208 両親が“娘の眼前”でSEX、四十八手も披露…! 北関東に実在した伝統的“性の手ほどき”
 
匿名希望 21/09/01 AM01 【印刷用へ
人類集団に於いて性は重要なもの。現在の左脳的性教育に比べ如何に農村の性教育は如何に右脳的でおおらかであったことだろうか。そもそも性に対する羞恥心なるものは、近代観念である個人主義意識そのものなのかもしれない。

リンク「知的好奇心の扉 tocana」さんより転載

昔から世の中には様々なジャンルの“手ほどき”が存在しているが、こと“性”に関するものとなると、どういうわけか見当違いなものが数多く存在している。

「なにせ昔は今みたいに情報が簡単に手に入らなかったからね。そういう時代ならではの昔話として聞いてくれたらって思うよ」

かつて北関東のとある山間部に位置する鄙びた農村で行われていたという“奇妙な性の手ほどき”についてそう語るのは、当地で長らく窯業を営んでいる新井喜一さん(仮名・86)。なんでも新井さんの話によると、その昔、当地の少女たちは、思春期を迎える頃に、両親からあらぬ形で性のイロハをレクチャーされていたのだという。

「まぁ、平たく言えば、四十八手を実際にやって見せるの。女の子がね、初めて月のモノが来たらね、そこから毎日四十八手を1つずつ見せていくっていう。そういう話だわね」

初潮を迎えた女児に対し、なぜか両親みずから「実践」という形で、四十八手すべてを教えるという当地の習慣。親のセックスを見たことがトラウマになるという声が多く聞かれる現代では到底考えられない話だが、その実、当時の村人たちは皆、大真面目にこうした奇妙な行為を続けていたのだそうだ。

たしかにね、傍目に見たらおかしなことかもわからんけど、ここいらじゃ大昔からそうしてたという話でね。うちでも姉さんたちはそうやって教えてもらってたよ」

ある意味、“性教育”として考えれば、それなりに実のあることに思えなくもないものの、だからと言ってその効果がデメリットを遥かに超えるものであるかと言えばなんとも怪しいところ。やはりいつの時代も、民間伝承的に行われる“手ほどき”の類というものは、その効果は勿論のこと、倫理的にも怪しい要素が少なからず含まれているものなのかもしれない。

文・取材=戸叶和男
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_370208
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp