現代意識潮流を探る
362894 今年だけで10冊以上、「性教育本」が出版ブーム
 
匿名希望 20/12/23 PM07 【印刷用へ
リンク

現在の学習指導要領では、小学4年生の保健体育で月経や射精について学ぶことになっている。5年生の理科で「人のたんじょう」という単元があり、母親のおなかの中で受精卵がどのように成長し、赤ちゃんになって生まれてくるかを学ぶ。

中学3年生になると保健体育で性感染症予防のためにコンドームを使うことを学ぶ。しかし、どのようにして妊娠するか=性交はカリキュラムに入っていない。

「セックスを取り扱わずに性感染症予防を伝えるという、そんな謎かけみたいなことで真の理解は生まれるでしょうか。『寝た子を起こすな』と、性交を教えることに反対する人もいますが、今の子どもたちは寝てなんかいません。インターネットには性の情報が氾濫していますし、アダルトビデオもいくらでも目に入ってきます。『AVで起こされるのと正しい知識で起こされるのと、どちらがいいですか?』ということだと思うんです」

小学校や中学校での「性教育」は、教師が教えられない部分を、外部講師として招かれた産婦人科医などで補っている面がある。

川越市は2010年度から、市内の子育てNPOや産婦人科医と協働で、命の大切さを教える「いのちの講座」に取り組んでいる。赤ちゃんとの触れ合いや妊婦体験、心肺蘇生術といった「命」の授業に加えて、4年ほど前から「性」をテーマに取り入れ始めた。同市教育委員会学校教育部長の内野博紀さん(58)はこう語る。

「望まない妊娠や性的虐待が社会問題になっています。子ども自身が性について知らなければ身を守ることもできないし、SOSを出すこともできません。そういうことが起こらないように学校でも取り組んでいかなければいけないと、この事業を始めました」

埼玉医科大学の助教である高橋さんは、地元である川越市の小中学校とつながりが深い。今年度中に、22ある市立中学校の約半数で、性感染症予防の講義をする予定だ。しかし、全校分の予算をつけているにもかかわらず、残る半分の中学校では実施の予定がない。内野さんはこう話す。

「話の内容がストレートと言いましょうか。『そこまで話していいのかな』という戸惑いが(学校側に)あるのも事実かと思います。すでに実施した学校の実践を伝えながら、(性の授業の)必要性を呼びかけていこうと考えています」

高橋さんはこう言う。

「自治体として取り組んでいるところは多くありません。一方で、熱心な学校から個別に依頼をもらうこともあり、温度差がありますね」

編集者の當眞文さん(29)は、高橋さんが監修した本に記したあとがきの一節を読み、「性教育の本を書いてもらうならこの人だ」と思ったという。

《本来、性は豊かなものであるはずです。この本ではタブーや恥の意識にとらわれず、性や体のすばらしさが明るく語られていて、女性たちは自分の体に誇りを持てるようになるでしょう。》

《科学に即して語られているのも重要な点です。価値観が多様化している現代、年代を超えて語り合うときの最低限の共通言語は、押しつけの倫理観ではなく、科学です。》

『世界中の女子が読んだ! からだと性の教科書』のあとがきである。ノルウェーの医学生による女性向けの性の本で、2019年12月に日本語訳が出版された。

高橋さんの著書の構成を担当した小宮山さくらさん(42)は、娘が小3のとき、「赤ちゃんってどうやってできるの」と聞かれた。「嘘はつきたくないと思いました。だけど私自身も親からきちんと性教育を受けた世代ではないので、伝え方に悩みました」。

小宮山さんは、ベストセラーから翻訳絵本まで、片っ端から性教育の本を見ていった。いいなと思う本もあったが、「家庭での性教育」をうたう本の多くには、気になる点があった。

「これは(娘に)読ませたいなと思う本と、読ませたくないなと思う本の違いは何かというと、科学的に語っているかどうかでした。例えば、『あなたはお母さんに望まれて生まれてきた大事な命なんだよ』みたいな、ほわっとした教え方をするのは、子どもが本当に知りたいことに答えていないと思うんです」

「愛されて生まれてきた」「いずれお母さんになるあなた」といった倫理観やジェンダー観を前提にして語ることにも疑問を持った。

「母親を知らない子もいるし、虐待を受けている子や理由があって施設で育つ子もいます。同性愛者の子もいるし、将来子どもを産まない選択をする子もいるはずです。多様性への配慮を欠く本が多いなという印象を持ちました」

できあがった本を前に、小宮山さんはこう語る。

「伝えたいことは、どんな境遇にいようとも、あなたの体はあなたのものなんだよ、だから大事だし、自分の体と心について知ることは、あなたの権利なんだよという、ごくシンプルなメッセージなんです」
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_362894
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp