日本人と縄文体質
35999 稲作伝播に見る受け入れ体質 2
 
岡本誠 ( 49 兵庫 経営管理 ) 02/07/13 AM01 【印刷用へ
 2100年前、突如として東進再開、関東平野に大規模な水田稲作集落(中里遺跡)が出現する。出土する土器から、近畿摂津地方の渡来系の人々が移住したと考えられているが、残り95%の土器は地元関東の縄文系の土器であり、縄文系の人々が主体で築いた集落であった。西日本では核となる集落ができてから周囲に広がっていくのに対し、中里遺跡は何の前触れもなくいきなり大規模な集落が誕生する点で際立っている。また鏃や武器など戦いの証拠を示す遺物もほとんど出土しないことも特徴で、多数の縄文系の人々が少数の渡来系の人々を平和的に迎え入れた様子が伺える。そして2000年前には青森県津軽平野にまで稲作が伝播する。
 しかし東日本は、稲作への依存度・定着度、道具類、精神生活などあらゆる面で西日本と大きくかけ離れており、縄文社会・縄文文化が基層をなして生きていた。

 水田稲作が渡来人によって北部九州にもたらされて以降、わずか100年で西日本に伝播し、その200年後には関東平野、さらに100年後には津軽平野まで達するスピードの速さは驚異的である。400年で1500kmの移動とすると毎年3.75kmとなり、中国の0.15〜0.2kmと比較して約20〜25倍のスピードになる。遊牧を伴っていたため加速されたであろうと考えられている西アジアからヨーロッパへの農耕文化の移入にしても、その速度は毎年1kmと推定されている。(参考:中村慎一「弥生文化と中国の初期稲作文化」)

 北村氏の投稿にあるように(35517)、単純に「可能性収束として受け入れた」とは云えないようです。それほど大規模な戦闘はなかったとされますが、それでも最後は物事を武力で解決する行動様式(専ら覇権争いは渡来人同士で行われるが、時には対立する縄文人へも向けられる)、それを背景に序列→身分制の支配(統合)秩序と、徴税という収奪制度をもつ社会関係に組み込まれていくのは、例え本源集団が解体されないにしても、強い警戒の対象になったと考えられます。

 しかし一方で、稲作技術を中心にした生活を豊かにする進んだ技術力や知識、モノへの欠乏も、可能性収束力をもっていたことも否定できません。実際進んで招聘し融合する集団も存在したでしょう。しかしながら、東日本ではそれほど稲作が定着しなかったことから(稲作に不利な気候条件を考慮しても)、縄文人の欠乏だけを推進力に帰するのは困難に感じます。やはり、渡来人の強い先導力(=同類闘争圧力)→それを受けての縄文人の友好を旨とする受け入れ体質、さらにここから派生して形成された進んだ文化に対する舶来信仰という力学構造なしに、世界でも例を見ない稲作の驚異的なスピードでの伝播と定着はなし得なかったと考えられます。本源集団で育まれた受け入れ体質こそが、「可能性収束」と見える所以だと思われます。
 
>この同類圧力私権圧力)の満ちる空間=社会に対して、とことんそれを捨象した、これが縄文人=その後の日本人の特徴だともいえます。(北村氏35517

 確かに、私権圧力の満ちる社会関係は「建て前」の世界として祭り上げておいて(実質捨象か)、日常生活の実態は本源集団の規範で律する、という使い分けをしていたようです。私権圧力が収束力を失った今、本源共認が社会を対象化できるか、進んだ認識を受け入れさらに協働して改良していく、本源体質の出番だと思います。
 
List
  この記事は 35998 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_35999
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
299553 東北の縄文文化と稲作〜稲作という生産様式の功罪〜 近藤文人 14/12/26 AM02
222181 徹底して学ぶ(=真似ぶ)縄文人 澤根和治 09/12/18 PM06
110747 縄文体質の期待応合回路を生かすのは新しい観念 村上祥典 06/04/29 PM10
96917 縄文時代の稲作の受け入れは人口の増加による同類圧力の上昇が背景ではないか? 鈴木龍也 05/09/06 PM06
36228 縄文人の受け入れ体質の奥にある強固な土台 田野健 02/07/17 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp