日本人と縄文体質
357952 宗教と入浴の結びつき
 
匿名希望 20/06/26 AM02 【印刷用へ
宗教と入浴の結びつきリンク
ヒンズー教では洗い清めるという意味で沐浴が欠かせませんが、発祥の地インドではガンジス川での沐浴が有名ですが多くの寺院では寺院の近くのため池や川で行なわれています。ただ川の水は必ずしも衛生上良い場合ばかりではありません、そういった意味で体を清潔にする目的ではなく多分に精神面との関係が強かったのだろうと思います

ではキリスト教の文化圏ではどうだったのか?

ざっくりっというとキリスト教以前、紀元前の文明初期は入浴は退廃的なものと捉えられていましたが紀元前4世紀になるとギリシャ文明・ローマ文明の中で入浴する文化が生まれました。テルマエなどが有名です、こういった中で広まった入浴文化は社交場や娯楽施設としての色合いが濃かったため、キリスト文化が始まると厳格な信者から売春の温床となったり、飲酒場として怠惰の象徴として敬遠されるようになりました。

温浴施設の運営サイドから見る近代以前の公衆浴場について疑問に思う事があります、それはお湯の衛生管理はどうしていたんだろうか?って事です。

温泉地であれば豊富な熱いお湯をかけ流す事でいつも新鮮なお湯に浸かる事ができますが、沸かしたお湯をためて使う場合、特に大きな浴槽の場合衛生的に保つのは相当大変な事です、現代の公衆浴場は塩素殺菌が義務付けられていますし、濾過循環といって絶えず浴槽のお湯の汚れは濾過され汚れを取り除いています、温浴施設運営のプロとして考えるとテルマエのお風呂に浸かるのは実はゾッとするのです

事実、コレラやペスト、梅毒などの流行の温床になるとしてキリスト教下での公衆浴場はほとんど見られなくなりました。

宗教別でのお風呂の歴史を見ますとイスラム教はハンマームという蒸し風呂に入る習慣があり、中東では今でも日本の銭湯のような形で公衆浴場としてその文化は残っています、この風習はロシアや北欧にも広まりサウナ文化の原型となったようです

パンデミックを回避した民族
ユダヤ教では古代ユダヤ人にとって入浴は社会的な義務であり、入浴によって体の清潔を保つことはモーセの律法にも含まれています。また、ユダヤ教の聖書であるタルムードでは「ユダヤ人は、公共浴場のない町には住まないこととなっており、ミクヴェとという宗教儀礼に浴槽を使っていたようです。日常的な入浴習慣はわかりませんが、ユダヤ教の人々は綺麗好きで中世に入浴習慣のないヨーロッパでペストが大流行した際にユダヤ人には感染率が低く、ユダヤ人が毒を盛ったとして迫害を受けたという歴史があります。今でも日常的に手洗いをする習慣は日本人と共通するところがあります。

 

世界的に見て、入浴は宗教儀式と入浴は関係深いようです。しかし日常の入浴は水を確保し、お湯を沸かし浸かるには様々な技術が発達しないとむつかしい事だったでしょう。

 

さてでは文明や技術が発達した現代での世界での公衆浴場ですが温泉が湧き出る地域はそれを利用して入浴するという文化は世界中こにでもあるようです。体を癒すという目的は同じようですが日本の趣とはすし違うようです。フランスやドイツでは有名な温泉地帯がありますが、ここでの目的は医療行為として捉えられており、温泉医の処方箋を元に入浴するのが通常です、ですからドイツ人やフランス人が“疲れたな!あー風呂入りてえ〜”とは言わないようです

日本でお風呂文化が普及した理由
日本は水資源が豊富な国です、安全な水がどこでも飲める国として有名ですが海外は場所によって水はとても貴重なものです、ですからシャワーの方が合理的とも言えます。バスタブはお湯に浸かる場所ではなく体を洗うところという感覚が強いようです。

それから家庭で貯めたお湯を家族で順番に入るという行為もクレイジーに映るようです

つべこべ言わずに浸かってみろ!!と言ってやりたいところです。

ところで最近は入浴に興味を持った観光客が多く、銭湯やスーパー銭湯も観光客を意識した取り組みを始めています、私も今後日本の湯船に浸かる入浴を日本だけでなく世界に広げる役割を担えればと思っています、

Soak in the bath and feel happy

湯船に浸かって幸福を感じましょう
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357952
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp