これからの暮らしはどうなるの?
357504 遊びの延長にプロレベルの仕事がある
 
匿名希望 20/06/08 PM07 【印刷用へ
リンク

昔は、一定の訓練を受けた人たちのコミュニティーでしか共有されていなかった有益な情報が、インターネットの出現で情報がオープンとなり、誰でもアクセスできるようになった。

スマホによって、アクセスのハードルはさらに下がった。例えばプロフェッショナルになるための技術も、以前だったら専門の指導機関に通わなければ得られなかったものが、いまなら大抵、スマホを通して学ぶことができる。

独学でプロと同じスキルを、誰でも身につけられる。令和は、本格的な素人革命の時代だ。それにより修業時間の無駄が、あらためて示された。昔から僕は、ビジネスに修業時間とか準備期間は、まったく意味なし! と説いてきたが、スマホを利用した素人革命が起きたことで、より説得力は増したと思う。

YouTubeで鮨の握り方を学んだという職人の鮨を、食べたことがある。人気の高級店の鮨と、ほとんど遜色なく、十分美味しかった。僕が主宰している「ゼロ高等学院」に、寿司職人を目指している生徒がいて、彼もYouTubeで鮨の握り方を独学した。

その腕前はかなりのもので、ホリエモン祭などのイベントで握った鮨をお客さんに披露。2019年に、神戸・三宮で自分のお店をオープンさせた。史上初かもしれない、現役高校生のプロ寿司職人の誕生である。

プロの職人にとって大事なのは、お客さんにおいしく食べてもらい、喜んでもらうことのはずだ。修業を積んでスキルを学ぶ、それも否定はしないけれど、必要条件ではない。お客さんが求めているものは何か? 感動して帰ってもらうには、どうしたらいいのか? その問いに客観性をもって向き合っていれば、修業時間の確保が最優先ではないということが、当たり前にわかるだろう。

これは寿司職人に限った話ではない。ビジネスでも学習でも、やるべきことの本質をつかんでいれば、最適の方法で必要なレベルのスキルや情報を得る方法を模索するようになる。遠回りして、時間を費やすような選択はありえない。最短ルートで、最高の突破を果たすのが、素人革命の醍醐味だ。

それにはスマホが頼もしい存在となる。修業時間に、人生を奪われることはないのだ。スマホを使い尽くして、やりたいことを独学で学んでいこう!

近年、お金や技術や才能がなくても、遊びや趣味を活かして、プロになったり、プロと同じレベルの仕事をこなしている素人が増えてきた。

例えばフォトグラファー。iPhone 11のカメラ機能は驚異的だ。ひと昔前までは高画素のデジカメでなければ撮れなかった奥行き感のある写真を、素人が簡単に撮れる。写真の加工だって手軽にできる。スマホだけの撮影で、プロと同じほどの多額の収入を得ているInstagramerは数えきれない。

歌やダンスをスマホで撮影し、動画を公開したのがきっかけで、プロデビューした人も大勢いる。ここで面白いのは、必ずしもハイスキルである必要がないということだ。プロの水準から多少劣る技量であっても、「この個性が好き!」と感じる人がたくさんいれば、そこに需要が生まれるのである。

素人革命は、「素人ならではの魅力」が活きる場所があるという事実を、広く知らしめた。

このような環境にあって、必要なものは何か? もうわかるだろう。

アイデアを掛け合わせる思考力、そして実行力だ。素人革命を成し遂げたのは、自ら躊躇せずに動き出した人たちだ。勇気を持って自分から行動したことにより、チャンスを引き寄せて、見事に成果を手にした。
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357504
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp