人類の起源と人類の拡散
352465 ゴースト人類とデニソワ人が交配した
 
匿名希望 20/01/03 AM03 【印刷用へ
ゴースト人類とデニソワ人が交配したのは、アフリカの外のはずだ。したがって、ゴースト人類も出アフリカをしなければならない。時代的には、第1回目と第2回目の出アフリカのあいだになる。つまり出アフリカは、少なくとも4回起こったことになる。ゴースト集団を仮定すると、出アフリカが1回増えてしまうのだ。

科学においては、仮説はシンプルなものが好まれる。もちろん、シンプルな仮説が必ず正しいというわけではない。でも、シンプルな仮説が正しい場合が多いので、よりシンプルな仮説があるなら検討しなければならない。

今の場合、ゴースト集団を仮定しても、アフリカからの出入りを3回に抑えられる仮説がある。それは、ゴースト集団も4種の共通祖先も、最初に出アフリカをしたホモ・エレクトゥスの子孫だとする仮説である。

ただし、現生人類(ヒト)がアフリカで進化したことは、遺伝学と化石の証拠から、ほぼ確実だ。そこで、出アフリカをした4種の共通祖先の一部がアフリカに戻り、ヒトに進化したと考えればよい。その後、ヒトが出アフリカをしても、アフリカからの出入りは3回で済む。

この説が正しければ、ヒトの祖先はずっとアフリカに住んでいたのではなく、出アフリカしてユーラシアに住んでいたことになる。その後、ユーラシアからアフリカに戻った一部の人類が、ヒトの祖先になったというわけだ。

じつは、このような説は、以前からあったのだが、支持する人は少数だった。しかし、ゲノムデータは今のところ、この説に有利な結果を出している。まだ確定的ではないが、もしかしたら、進化の中心はずっとアフリカだったという常識は、修正されるかもしれない。

ほんの一部だけ、この本の内容を紹介したが、それでもゲノム分析のパワーを感じることができたのではないかと思う。化石による証拠がまったくないゴースト人類さえ、見つけることができるのだ。今までのような、DNAの一部による研究が子供の遊びに思えるほど、圧倒的な情報量をゲノムは持っている。

その分析結果は、人類の進化の表層を修正するだけではない。新たなゴースト人類を突きとめたり、出アフリカ説を修正したりするのは、人類進化の根幹に関わる研究成果である。
リンク
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352465
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp