生物の起源と歴史
351441 光るサメの謎
 
我妻佑磨 ( 26 大阪府 会社員 ) 19/11/28 AM09 【印刷用へ
下記,リンクより引用

別サイトでは「サメの驚異的な性質がまた1つ明らかになりました」と記載された記事も。リンク
※光るサメの動画あり。蛍光色素に抗菌作用も

***************************

「深海」と聞いて思い浮かぶのは,どこまでも真っ暗闇の冷たい世界だ。しかし実際は,そこは夜空のように生物たちの光が点在する賑やかな場所かもしれない。青白く光るサメに,チカチカ輝くヒカリキンメダイ。生物の発光現象は時代を超えて多くの科学者を魅了してきた。

2018年9月,沖縄美ら海水族館の佐藤圭一統括らは沖縄本島近海の深海で「光るサメ」の撮影に成功した。深海に暮らすサメの一種,ヒレタカフジクジラはこれまでも水槽の中で光る様子が確認されていたが,深海底における「野生の発光」をとらえたのはこれが初めてだ。光るサメの詳しい研究によって,彼らが異なる手法を使って体の様々な部位を光らせていることもわかってきた。

「ここまでやるのか」。2019年11月には中部大学の大場裕一教授らが,深海に暮らす発光魚がスポットライトのように狙った場所へ光を放つ巧妙な仕組みを明らかにした。光線の向きを緻密に制御する彼らは,さながら深海の「光学技師」のようだ。

どうして発光する生物たちの「光る仕組み」はこれほどに巧妙で,また多様なのだろうか。これは発光生物を研究する生物学者たちを悩ます大きな問いであり,進化という現象そのものに対する問いでもある。近年,分子生物学を武器にしたこの問いへの挑戦も始まった。進化の新たな側面に光が当たり始めている。

***************************
引用終わり
 
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351441
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp