共認心理学:現代の精神病理
349744 現役医師が解説する最新の研究結果、自閉症と加工食品の関係
 
志水満 ( 63 大阪 会社員 ) 19/09/27 PM06 【印刷用へ
腸内環境を乱す物質が自閉症のリスクを高める可能性がある!
mag2ニュースより以下引用です
リンク

症状が軽い人たちまでを含めると、日本で100人に1人くらい存在すると言われる自閉症患者。遺伝以外の要因が疑われながら、原因の特定に至ってはいませんが、腸内細菌との関係が注目されていると伝えるのは、メルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』の著者で、現役医師の徳田先生です。先生は、自閉症の子の便に多く存在するプロピオン酸という脂肪酸に関する最新の研究結果について紹介。疑わしきは安全サイドを取るべきという観点から、妊婦さんに対し「なるべく加工食品は摂らないように」と、アドバイスしています。

・自閉症とそのスペクトラム障害とは

自閉症は脳の病気でおこる対人関係の障害です。コミュニケーションの障害に加えて、パターン化した興味や活動がみられることがあります。通常、生後まもなくから明らかになります。しかし、最近では症状が軽い人たちまで含めて、自閉症スペクトラム障害という呼び方も提唱されています。自閉症の概念が広がってきているのです。

自閉症スペクトラム障害の中で、比較的症状が軽い「非定型自閉症」や「アスペルガー症候群」の患者さんを診察することがあります。「非定型自閉症」はさまざまな健康問題をきたしますので、通常は患者さんとして診察対象となります。スマホでのゲームの依存症のリスクが高くなります。ゲーム依存症です。

しかし、この症候群の人は、限定された分野での知識やパフォーマンスは抜群に良いです。そのため、アスペルガー症候群の医師が入職したときには、この病気であることを早期診断して、適材適所の部署に配属するようにしています。

・自閉症とプロピオン酸の関係

自閉症スペクトラム障害の人々は周囲に理解されることが難しくなります。実際、性格の問題などとされ、誤解に苦しみ、医療や支援の対象ではありませんでした。しかし、最近になって、これは病気であるとされました。病気ですので原因があるのです。そして予防や治療もあるのだと、期待されるようになったのです。
自閉症はどのくらいの割合で存在するのでしょうか。日本のデータでは約100人に1人と報告されています。男性に多いことがわかっています。自閉症の兄弟や姉妹では、その発症リスクは、約10から20倍であることが知られています。ということから、自閉症は遺伝的な要因が示唆されています。しかし、遺伝だけでは発症を説明できませんでした。すなわち、遺伝以外の要因が大きいことが長年にわたり疑われているのです。
そこで、注目されてきたのが腸内環境です。腸内の細菌や物質が、その人の脳の機能に大きな影響を与えることがわかってきたからです。マイクロバイオームです。これまでの研究結果によると、自閉症の子の便にはプロピオン酸という脂肪酸が多く認められ、腸内細菌の種類も、自閉症でない子と異なることがわかったのです。プロピオン酸は、カビ防止の目的で加工食品によく添加される物質です。

過剰なグリア細胞は神経細胞同士のつながりであるシナプスの伝達を阻害するようになります。また、グリア細胞が脳に炎症も引き起こすこともあるのです。これらの脳変化によって、コミュニケーションする能力が侵され、自閉症の子に見られることが多い行動が引き起こされる可能性があります。

今回の結果で断定することはできませんが、腸内環境を乱す物質が自閉症のリスクを高める可能性はあると私は考えます。プロピオン酸は、食品の保存性を高めるので、防カビ効果で加工食品に添加物として使用されています。現時点ではまだ不確定要素が大きいですので断言することはできません。しかし、常に安全サイドを取るべきとする原則からいうと、妊婦さんにはなるべく加工食品は摂らないように、と現時点ではアドバイスをしたいと思います。
引用終わり
 
List
  この記事は 348200 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_349744
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp