生物学を切開する
348699 DNAに対して決定的に重要なRNAの複製の役割
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 19/08/22 AM00 【印刷用へ
現在の生物学においては、DNAが遺伝情報を司る物質として、偏重と思われるほど重視されているが、事実として生体内ではRNA(及びその構成物質であるリボ核酸)が決定的な役割を持っている。

@RNAはタンパク質を生成している。つまり情報元はDNAにあるが、実際にタンパク質を生成しているのは、RNAが主役であり、生成場所は核膜内部にある、リボソームと呼ばれる、RNA・タンパク複合体(RNP)である。
ところが、現在の生物学では、RNAがDNAの塩基配列(アミノ酸を指定する情報)を読みとることで、タンパク質を作りだしているということから、DNAが主導しているかのような誤解を人々に与えている。しかし以下の事実がある。

イ)RNA(メッセンジャーRNA)は、DNAの塩基配列をそのまま使用しているのではなく、DNAの情報を転写したのち、不要な部分を切り落とし、必要な部分をつなぎ合わせて使用している(自己スプライシング)。加えて、塩基をを付け加えたり、削除したりしている(つまり編集している)。このRNAによって加工された配列を元にタンパク質が生成されているのである。

ロ)DNAの塩基配列を読みとるためには、DNAの2重螺旋を開く必要があるが、2重螺旋を開いているのはDNA自身ではなく、RNAポリメラーゼ呼ばれる、RNP(RNAの前駆体+タンパク)である。

ハ)逆転写酵素を持つRNA(レトロウィルス)はDNAの情報そのものを書き換える。

ARNAはDNAの塩基配列の情報を元に(それを鋳型として)生成されることから、DNAが主役であるとしている。しかしその際に、DNAの2重螺旋を開いているのは、RNAである。更に、DNAを複製する際にも(細胞分裂)同じく2重螺旋を開く必要があるが、それを担っているのはプライマーと呼ばれる短鎖のRNAである。つまりRNAがなければDNAは複製されない。
元々はRNA生物からDNA生物に転換する以前にはRNA自身がRNAを複製していた。そして元々はRNAを元にDNAが作られている。おそらくその多くが一本鎖であるRNAはDNAに比べて損傷したり加水分解されやすいことから、遺伝情報をより安定度の高い2本鎖のDNAに移行させたのであろう。しかし文字通り複製の鍵(DNAを開く)を握っているのは現在もRNAである。

BRNPやヌクレオチドは生体内で決定的に重要な役割を担っている。
RNAの素材となっているのは、アクチン(A)グアシン(G)、チミン(T)、ウラシル(U)等のヌクレオチドである。(これらはリボ核酸であり、DNAの直接の素材である、デオキシリボ核酸ではない)。これらはRNAの素材であるだけでなく、それら単独で、或いは重合し、タンパクと結合して生体内で極めて重要な働きをしている。

イ)代謝系の酵素は、細胞呼吸や光合成で用いられる、酸化還元反応を始め、諸物質の合成に不可欠な酵素等代謝系の酵素は、全てRNPで構成されている。例外はDNAやRNA、タンパク質の加水分解のみである(これだけはタンパク質のみの酵素)。

ロ)単独のヌクレオチドも、例えばアクチンが用いられたATP(アデノシン三リン酸)がエネルギーの貯蔵と運搬に用いられている。またGTP(グアノシン三リン酸)はタンパク質の生成に関与するほか、細胞内の情報伝達に用いられており、べん毛や中心体に用いられる微少管を構成するチューブリンタンパクの重合に不可欠の物質である。同様にUTPやCTPも情報伝達やエネルギー伝達に用いられる他、それぞれ糖質の合成や、脂質の合成に不可欠の物質である。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_348699
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
350399 「リボザイム」〜RNAには生体内反応の触媒としてはたらく機能をもつ。 麻丘東出 19/10/20 AM00
348937 タンパク質合成も、中心体による核内DNA配置に依存している 本田真吾 19/08/31 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp