生物学を切開する
347818 何度でも再生するイモリの体に秘められた不思議な力
 
匿名希望 19/07/22 AM01 【印刷用へ
欠損した体が、元通りの姿に修復していく・・・。私たちヒトにとっては夢のような話だが、いとも簡単にそれをやってのける生物がいる。それが、イモリだ。小さいうちは水の中、大人になれば陸で生活する両生類だが、その体に秘めている「再生力」はほかの生物と比べても群を抜いている。再生をする生物といえばトカゲの尻尾を連想する人が多いかもしれないが、トカゲは尻尾の骨まで完全に再生することはできず、再生可能な回数も1回限りだ。しかしイモリは、たとえ腕を切断しても、傷跡を残さずに骨を含め何度でも再生できるという。過去に行われた実験では、目の中でレンズの働きをする水晶体を19回取り除いても、問題なく再生したという記録が残されている。

実はイモリに限らず、カエルやオオサンショウウオなどの両生類は、水中で暮らす幼生期に高い再生力をもっている。また、ヒトを含む四肢動物も、程度の違いはあるものの、水中成長する胎児期に高い再生力をもつことが知られている。ところがイモリに限っては、成体となり陸上生活に適応した後も高い再生力を保っているのだ。なぜ、イモリは成体でも再生力を失わないのか。その謎については、未解決のままであった。しかし千葉教授率いるチームの研究により、実はイモリは幼生期にもつ再生力をほかの生物と同様に一度失い、代わりに別のしくみの再生力に切り替えることで成体後も再生力を維持しているということがわかってきている。

成体イモリの前肢再生実験の様子
千葉教授らの研究によれば、イモリが幼生期にもつ再生のしくみと、成体になってから再生するしくみは異なるという。

「幼生期のイモリや私たちヒトの胎児には、役割分担される前のどんな細胞にもなれる『幹細胞』が存在し、それを使うことで傷を再生します。この『幹細胞』は陸上生活をし始めるとガクンと数を減らし、損傷した細胞の再生が難しくなります。しかし成体になったイモリは、『幹細胞』に代わり、役割分担された後の細胞の特徴をいったん消して(=脱分化)つくった『脱分化細胞』を用いて傷の再生をするのです。つまり、筋繊維が切断されれば、筋繊維から筋繊維の元になる『脱分化細胞』をつくって復元する。骨は骨だし、皮膚は皮膚というように、傷ついたのがどんな種類の細胞だったかという記憶をもったまま再生する。とても効率的だし、機能的なんです」。

つまり、イモリとヒトの再生力の決定的な違いは、役割分担された後の細胞を"脱分化"するためのスイッチの有無だというのだ。

「イモリはその進化の途中で、傷を直すプログラムが突然変異を起こしたことで、細胞を"脱分化"するスイッチを手に入れたのではないかと考えられます。僕たちの研究は、その突然変異のしくみを解き明かすことで、ヒトに応用できる"脱分化"のスイッチを作り出すことなんです」。

千葉教授の研究室ができた2006年当時、日本はこの分野の研究において、海外にかなり遅れている状況だった。それから10年余りが経ち、医療技術が飛躍的な進歩を遂げた今では、再生医療について耳にすることも格段に増えた。千葉教授の研究には、関連性が強い医療系の研究者や臨床医との共同研究も多い。そこで感じるのは理学と医学、双方の研究スタンスの違いだ。

「まわりはみんな医学系ですが、私は理学の人間です。両方とも生物を扱う学問としては同じですが、立ち位置が明確に違います。理学から生物を見る人は『なぜそう生きるのか』という存在意義を、医学から生物を見る人は『どうすれば人間に適応されるか』ということを考えます」。
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347818
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp