共認運動をどう実現してゆくか?
346497 耳から入って心の中に滑り込めるメディアに集まる注目
 
匿名希望 19/06/04 PM09 【印刷用へ
■掲示板から生まれる、番組とネットとリアルの接点
――番組だけでなく、インターネット上の掲示板が、リスナーたちのコミュニティーとして活用されています。常時、多くの投稿で盛り上がっていますが、これはどのような戦略に基づいているのでしょうか。


「放送がない時間帯でも、みんなが自由に話せる教室をインターネット上に作ろう」と番組開始当初より設置したものです。そこで24時間いろんな話題が飛び交う中で、番組の開始時刻になるとガラッと教室の扉が開いて、「今の話、面白いじゃん。もっと聞かせてよ」と先生が入ってくる。そんな仕組みを作りかったんです。

ときには掲示板上でリスナー同士で感情をぶつけあったり、あるいはヘコんでいるヤツが励まされていたり、いろんなコミュニケーションが生まれます。放送中、その当事者たちに電話出演してもらうこともあるんですが、それがリスナーのみんなからすると、ネット上とリアルの生々しい接点にもなりえます。

ネットの掲示板では雄弁に語っていた子が、電話では妙にもじもじしていたりするのも含めて、言葉を書いた人はネットの向こうでは現実に生きていて、ちゃんとドキドキしたり、顔が赤くなったり、鼓動が鳴る、というようなリアルな感覚や感情が生まれるわけです。

――なかには切実な悩みが書き込まれることもあるとか。

そうですね。もし深刻な書き込みがあったら、番組収録とは無関係に、スタッフが本人に電話をして、相談に乗ることもあります。なぜなら、この掲示板に送られたのが、本人にとっては精一杯のSOSかもしれないですからね。

例えば、今年の2月には、「この世界から虐待をなくしたい」というテーマで放送を行いました。


掲示板の投稿をきっかけにした生放送の様子は、放送後記としてまとめられ、あとから読み直すことができる(写真:news HACK by Yahoo!ニュース)
リスナーの中には深刻な虐待被害に遭っている子もいて、誰にも言えずに苦しみを抱え続けているケースもあります。そこで、虐待をなくすためにどうすべきかを皆で考えようという趣旨のもと生放送をしました。もし本人が声をあげることができなくても、放送後は番組公式のYouTubeチャンネルにアップした動画で児童相談所の連絡先を紹介するなど、前へ進むきっかけにしてほしい、と。

虐待にしてもいじめにしても、塀を乗り越えて他人の家や学校に踏み込んでいくのは、なかなか難しい。でも、ラジオは、そうした壁を飛び越えて、耳から入って心の中に滑り込めるメディアです。こうして若い世代と番組作りをさせてもらっている以上、彼らが発信するSOSについてはラジオとしてできるかぎりのケアをするのが使命だと考えています。
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346497
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp