脳回路と駆動物質
345851 天才たちに共通する「脳の使い方」があった!
 
真鍋一郎 ( 29 鹿児島 会社員 ) 19/05/13 AM02 【印刷用へ
以下(リンク)引用
-------------------------
■イノベーションを生むのは「何もしない脳回路」?
その真の機能が科学的に理解されるまで、DMNは「ほとんど何もしない」回路と考えられていた。しかし次第に、DMNが脳のエネルギーを特に多く消費していることがわかってきた。さらに、DMNは脳波の氾濫や統合という形で集中回路と広くつながっている。集中と非集中は肉とおいしいトマトソースの関係に似ている。肉がトマトソースの味を引き立てているのか? それともトマトソースが肉の味を引き立てているのか?どちらとも言いがたい。むしろ、両方がお互いを引き立てていると言ったほうが正しいだろう。

 脳内では、いろいろな種類の脳波が各回路に出入りする。そして、特定の機能に対してある種類の脳波が優勢になる。たとえば、非集中の状態がピークを迎えると、DMNにアルファ波が現れるだろうが、非集中をつかさどる一部の領域にはデルタ波が現れる場合もあるし、ベータ波が交じることもある。なぜなら、集中回路と非集中回路は絶えず“会話”をしているからだ。

 同じように、集中回路には、脳の注意を集中させるためにデルタ波よりもベータ波のほうが多く現れるだろう。しかし、1種類の脳波だけが単独で現れることはまずない。集中回路と非集中回路を分けて語るのがまちがっているのはそのためだ。ふたつは同時に働き、連動するようにできている。過集中の状態に陥ると、この脳内の自然なつながりが断たれてしまう。

■あなたに天才的ひらめきをもたらすDMNの6つの役割とは?
脳内のDMNのつながりの性質や規模を理解すれば、集中と非集中がいかにして“連携”しているかがよりはっきりとする。DMNの役割は以下のとおり。

(1)気が散るのを防ぐ。

 逆説的だが、非集中回路は集中を維持する能動的で重要な役割を果たす。スポンジのように気が散る原因を吸い取り、目先の課題に専念させてくれる。

(2)頭を柔らかくする。

 非集中回路は回転軸のような働きをし、ある課題から次の課題へと注意を切り替えるのに役立つ。非集中回路を十分に使えば、あなたの頭はとても柔らかくなる。

 あなたを自分自身や他者とより深く結びつける。非集中回路は、脳の各所に格納されているあなた自身の物語の一つひとつの要素とあなた自身を結びつける。つまり、あなた自身の伝記作家になってくれるわけだ。非集中回路のおかげで、あなたの性格や内省的思考といったすべてのものが今という瞬間の一部になる。非集中回路はあなたの遠い記憶に手を伸ばし、あなたの歴史を今という瞬間に反映させる。いわば、あなたを本当のあなた自身へと近づけてくれるのだ。

(3)深い非集中は「社会的関係」の回路も活性化させる。

 だからこそ、リーダーシップ開発のコーチは自分自身になりきることがリーダーに欠かせない資質だとアドバイスするし、ボイストレーナーは自分自身の声を見つけるようアドバイスする。そして、一流の教育者は自分自身の個性を見つけ出すよう勧める。自己との深いつながりは、今という瞬間やあなた自身よりもはるかに広い物事と脳を結びつけるのだ。

(4)過去、現在、未来を統合する。

 脳内では、過去、現在、未来が同時に進行している。過去は記憶として格納されているし、現在は五感を通じて体験される。そして未来は計画や想像として表現される。DMNはそのすべてをまとめ、今まさに展開しているストーリーを理解させてくれる。あなたの人生の時系列上にある点どうしを結ぶわけだ。

(5)創造性を発揮するのに役立つ。

 非集中回路は脳の幅広い領域を結びつけるので、ユニークな連想や独創性を養うのに役立つ。おかげで、自由な発想ができるようにもなる。

(6)漠然とした記憶を掘り起こす。

 DMNは集中の外側にあるさまざまな記憶を統合する役割も果たす。ベテランシェフが言葉で表現できない味を出せるのはなぜなのか?一字一句レシピに従うだけでは出せない何かがそこにあるからだ。幼いころにおばあちゃんが料理する様子を見ていて、本には書いていない何かを学んだのかもしれないし、トマトソースを混ぜるリズムや料理の上にチーズをまぶす指の動きにコツが隠されているのかもしれない。こうした感情や記憶を掘り起こせるのがDMNなのだ。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_345851
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
346000 頭の良い人がいちいち英単語を覚えない訳(1/2) 山上勝義 19/05/18 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp