脳回路と駆動物質
345850 「ひらめき」の原理
 
す太郎 19/05/13 AM01 【印刷用へ
人は「ぼーっと」している時、脳の広い領域を使っているそうです。よくよく思えば確かに納得でき、作業に集中している時に脳の一部を活性化させているのであれば、そうでない時は脳細胞の電流は脳全体を「何気なく」散策しているのであろう。さらに記憶とは脳の至る所に散りばめられており、散策する電流が脳内の「記憶の断片」をつなぎ合わせていく。そのうちに時として「ひらめき」が生み出されるそうです。

これを意識的な活動と比べてみると実感と結びつきやすいと思います。スマホで何でも調べられる今日、検索ワードを入力すれば欲しい情報が手に入ります。しかし、あくまで検索ワードに纏わる内容であるため、世に幾多もある情報の中の一部に過ぎません。代わって図書館に行く場合、特に当ても無く散策して館内中を歩き回ったりすることがありますが、そのときは全体の情報を何気なく見て回っています。そして気になった本があれば手にとって見ては戻すことを繰り返す。そのうちに借りたい本が絞れてくるでしょう。

「ぼーっと」しているとは、この図書館内を散策している状況に近く、脳内の電流は当ても無く歩き回っているのです。いくつかの本(=記憶の断片)を探り回りながら、「これ借りたい」と思う本に巡り合う(=ひらめく)。

ここで重要なのは検索ワードで限定されたような情報ではなく、全体が満遍なく網羅された情報の中を巡ることです。無秩序に散らばる「記憶の断片」がつながる時に「ひらめき」が起きます。本の少ない地方図書館よりも中央図書館の方が多くの情報を巡れるように、情報の母数が多いほどつなぎ合わせの機会が増え、「ひらめき」のチャンスも増えます。つまり「ひらめき」にはより多い情報量が必要なのです。

何も考えないで「ぼーっと」するのでは「ひらめき」は生まれません。日頃の追求や情報のインプットが基盤として欠かせません。

海外の有能ITプログラマーは自分たちの子どもをデジタル機器が禁止されている学校に通わせるそうです。その代表の一つにウォルドルフ学校があり、協調性と創造性に重きをおいています。リズムに合わせてクラスメイトとアート作品を作ったり、自然素材を使った図画工作をしたりするのですが、なぜITプログラマーの親は子ども達に早期からプログラミングを習得させないのでしょうか。それは、幼い頃からデジタル機器に頼ってしまうと自分で思考しなくなってしまうためと親たちは話します。

思考しなくなるとは、つまり追求や情報のインプットを主体的に行わなくなるということで、よって「ひらめき」の基盤ができなくなると言えるのではないでしょうか。「ひらめき」とは考えもしなかった発想であり、未知に対する可能性です。可能性は集団を導き統合するために必要不可欠な収束先です。これを図解で整理すると、

思考する→情報のインプット→追求→幾多もの情報=可能性の芽⇒ひらめき=可能性⇒集団統合

となります。
脳回路の仕組みを理解することで、「ひらめき」の原理ひいては可能性の創り方を考えてみました。こう振り返ると「ひらめき」とは人間の脳にしか出来ないことで、これから向かえるAI時代で勝ち残る突破口になり得ます。人間は他の動物よりも記憶力に優れています。普段から情報を脳内にインプットしておくことで、ふとした瞬間に「ひらめき」が生み出せる生き物であるともいえるでしょう。

参考
・NHKスペシャル”脳”すごいぞ!ひらめきと記憶の正体
・クローズアップ現代+“AIに負けない”人材を育成せよ
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_345850
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp