市場の支配構造(金貸し支配)
343956 SDGs(持続可能な開発目標)という脅しと騙し
 
宮田一郎 ( 東京 ) 19/03/09 PM09 【印刷用へ
SDGsとは何だろうか?

>SDGsとは、2015年9月に国連が採択した世界が共通して取り組む2030年の目標だ。17の目標と169のターゲットから成る。SDGsがこれほどまでに注目を集めているのは、そこに大きなビジネスチャンスがあるからだ。ビジネスと持続可能な開発委員会によると、年間最大12兆ドル(約1340兆円)の経済価値を持つ市場が生まれ、2030年までに3億8000万人の雇用を創出する可能性があるという。(リンク
国連主導の動き ・・・黒幕は欧州金融勢力?
持続可能な世界環境・・地球温暖化詐欺の比ではない
巨大な市場と雇用・・・すでにSDGs投資市場も巨大化している

地球環境破壊を推し進めてきたのは近代市場自身であり、すでに貨幣経済は行き詰まり破局を待つばかりだが、今度は自ら作り上げた破壊と貧困をメシのタネに新しい市場を作り出した。
地球環境保護や貧困救済であれば誰も異を唱える者はいない。
地球環境保護に取り組む企業姿勢は今や当たり前であり、むしろ取り組まざるを得ない状況になりつつある。そして、その評価競争自体が巨大な投資市場を作り出す。こうして各国、各企業が国連という名の金融勢力にコントロールされていくことになる。

◆17の「グローバルな目標」の本当の意味 (リンク
大事なことは、言葉の裏の意味を洞察し、実際は、何が言われているのか、その真意をつきとめることです。
「17項目のグローバルな目標」で実際に言われていることは、エリートたちが、「ワン・ワールド・システム」を、次の段階に進めたいということです。

目標1)
 「あらゆる場所で、すべての貧困を終わらせる」。
意味1)
(資本が)集中化した銀行、世界通貨基金(IMF)、世界銀行、すべてのファイナンスをコントロールする連邦制度準備理事会(Fed)、キャッシュレス社会のデジタル世界通貨を実現すると言っている。

目標2)
 「飢餓を終わりにして、食料の安全保障と栄養改善を実現し、持続可能な農業を推進する」。
意味2)
 つまり、GMO(遺伝子組み換え)のこと。それを世界中の人々に食べさせることを目標にしている、ということ。

目標3)
「健康的な生活を確かなものにして、すべての年齢層の人たちに健康と幸福を促進する」。
意味3)
 大規模な“予防”接種と食品規格。(問題は、化学物質がふんだんに含まれている食品でも、「健康と幸福を促進する」基準に合致している、と世界政府が言うこと。

目標4)
 「包括的で公正な品質の教育を確実なものとし、生涯学習機会を促進する」。
意味4)
 国連のプロバガンダ、“揺りかごから墓場まで”の義務教育を通しての洗脳。

目標5)
 「男女平等を成し遂げ、すべての婦人と女子に公的な権限を与える」。
意味5)
 強制的な家族計画を通じて人口を抑制する。

目標6)
 「すべての人々のために有効性と水と公衆衛生の持続可能な管理を確かなものにする」。
意味6)
 すべての水源を民営化して、フッ化物を加えるのを忘れてはならない。

目標7)
 「すべての人々が、入手可能で信頼できる持続可能な現代のエネルギーに確実にアクセスできるようにする」。
意味7)
 すべてに、夏場などのピーク時特別料金設定のスマートメーターを設置した電力網にアクセスさせる。

目標8)
 「すべてに十分で生産的な雇用と相応の仕事が提供され、包括的で持続可能な経済を促進する」。
意味8)
 巨大企業に利益誘導するための自由貿易圏ーつまり、TPPのこと。また、これからもTPPのような条約をいくつも作って推進すること。

目標9)
 「強力な基盤を構築して、包括的で持続可能な工業化を促進し、革新を促進する」。
意味9)
 有料道路化、公共交通化を推し進め、自由な旅行や環境規制を撤廃する(自由に移動できなくなる、ということ)。

目標10)
 「国の内部、国同士の間での不平等を減じる」。
意味10)
 突然変異のタコ(の足の広がり)のような、より細かで地域的な官僚政治。

目標11)
 「都市と人間居住地を包括的で確実、強固に持続可能にしていく」。
意味11)
 ビッグブラザーとビッグデータによる監視社会を行き渡らせる、という意味。

目標12)
 「持続可能な消費と生産パターンを確実なものにする」。
意味12)
 耐乏生活の強制と同じ意味。

目標13)
 「気候変動とその影響と戦うために、緊急措置をとる」。
意味13)
 キャップ・アンド・トレードと炭素税・炭素クレジット、カーボンフットプリント税のこと。すべては「地球環境保護」の美名の下で行われる詐欺的犯罪。

目標14)
 「持続可能な開発のために、大洋、海と海洋資源を保全しつつ使用する」。
意味14)
 環境規制によって、海底採掘権を含む、海底に至るまでのすべての海をコントロールするということ。

目標15)
 「地球の生態系を保護し、回復させ、持続的な使用を促進し、森林を持続可能なように管理し、砂漠化と戦い、土地の荒廃と生物多様性の減少を食い止めること」。
意味15)
 資源と採掘権をさらに抑制し、規制を強化すること。

目標16)
「持続可能な開発のため、平和的で包括的な社会を促進し、すべてのために公正と正義へのアクセスを提供し、すべての点において、効果的で説明しうる包括的な施設を建設する」。
意味16)
 緊張が、地域をより細かくコントロールし、アメリカで法の第二改正が、いったん見送られるようになる時、「国連平和維持」のミッション、国際司法裁判所、 偽装難民危機とともになだれ込む難民などの問題が、それに代わってさらなる「国連平和維持」の名の下に調整されるようになる。





 
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343956
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
357310 SDGsと奥の院の関係は? 宮田一郎 20/05/31 PM11
344244 SDGsという新市場、新ビジネス〜持続可能な社会と利益追求とはどのように整合するのだろうか? 宮田一郎 19/03/19 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp