本能⇒共認機能⇒観念機能
343050 内なる声はどこからやってくる?『内臓感覚―遠クテ近イ生ノ声』
 
匿名希望 19/02/03 AM10 【印刷用へ
リンク

そもそも、何故「内臓感覚」を展覧会にしようと思ったのか!?

展覧会を観終え、担当キュレーターの吉岡恵美子さんと、出展作家の志賀理江子さんにお話を伺うことができました。そもそも、「内臓感覚」をテーマにした美術展を企画しようと考えたきっかけは何だったのでしょう?

吉岡:解剖学者の三木成夫(1925-87)の著作にふれ、その考え方に刺激を受けたのが大きなきっかけになっています。彼によれば内臓は太古からの生命の記憶・リズムが封入された器官。頭脳とはまた別で、しかし密接につながってもいます。ダイレクトな五感とも異なり、内側に閉ざされているけれど、根源的な感覚を宿す存在でもあるという。そこで、人が持つ感覚の中でも原始的・根源的な「内臓感覚=内なる感覚」という視点から、新たな知覚にもつながる現代の表現を探りたいというのが企画動機です。

出展作家は世代や背景も異なる現代美術家だけにとどまらず、建築家や絵本作家、花人まで多ジャンルにわたる顔ぶれです。そこに通じる「内臓感覚」とは何なのか? 吉岡さんと志賀さんそれぞれのお考えを聞いてみました。

志賀:内臓というのは強い言葉ですが、身体から始まる表現をしている作家はとても多いし、そもそも身体を持たない人は存在しない。そう考えると全ての人にとって身近で、かつ広いテーマでもあり、今までこの種の展覧会がなかったことが不思議でもありますね。また、最初にお話をもらったとき、内臓という言葉に企画された方自身の想い入れを感じました。それはある意味、個人的な体験や衝動のようなものかもしれない、と。でもそこから始まる方が、ウソのない強い展覧会になるとも思いました。


吉岡:先に志賀さんの言葉にお答えすると、数年前に初出産を経験し、妊娠中は食べものや自分の動き、体内の変化に自然と気を配るようになりました。その後に三木さんの著作と出会ったのですが、これらも無関係でないとは思います。今回は本当に色々な作家さんを調査しましたが、選出理由は様々です。志賀さんの場合は、その写真作品はもちろん、関連書籍などでご自身が綴っている考え方に、共鳴するものを感じたから。「世界への違和感の中で身体の痛みや快・不快の感覚が信じられる」という言葉や、簡単に「わかった気」にはならないという意思に引き付けられました。

志賀さんが今回展示した『CANARY』シリーズなどの作品は、事前に訪問先の住民への取材や、独自の「地図」作りを経て撮影に至っているそうです。それは、ご自分の中で撮影対象を「消化」「反芻」するような作業から生まれる写真でもあるのでしょうか?

志賀:撮る前に一見写真とは関係ないような、かなり色々なことを行うのが私の場合は多くて、シャッターを押すのは最後の儀式みたいな面もあります。言い換えれば、それまでやってきたことを反転させる装置としてのカメラというか……。そして、一度写してしまうとイメージの力はとても強いのだけど、そこには目に見えない何かも写っている。その不確かなもの、ノイズみたいなものこそが写真だとも思う。そこは自分でも色々検証しないとわからない、と思いながらやっています。


美術において「身体感覚」「皮膚感覚」といった、「内臓感覚」とは似ているけれど少し違う表現はこれまでも論じられてきたと思います。吉岡さんは今回「内臓感覚」を扱うにあたって、どのような視点を重視したのでしょう?

吉岡:「内なる声に耳を傾ける」とよく言いますが、「そもそも『内』とはどこだろう?」と、あえて突き詰めないことも多いですよね。しかし、私はそこを突き詰めて考える面白さがあると思っています。再度三木さんのお話になりますが、脳を中心として、筋肉や神経からなる身体の核を、彼は「体壁系」と呼びました。体壁系はアクティブで動物的、自ら動いて次々と刺激を受け取っていくので「近感覚」的ですよね。対する「内臓系」は植物的で、潮の満ち引きなど自然のリズムや生命の記憶にも呼応しながら「遠感覚」的に動く。内臓は、受動的で自分の中にありながら得体の知れない存在でもありますが、実は生命の根幹はこちら側にあるとも考えられないでしょうか。

そこで「遠クテ近イ生ノ声」という展覧会サブタイトルにつながるのですね。「内臓感覚」とだけ聞くと『人体の不思議展』的なものを連想する人もいるかもしれませんが、それとは違う創作の面から、生の根源とその連なりを見つめ直すということでしょうか。

吉岡:創作の根源という意味での「内なる声」は作家ごとに異なるとも思いますし、それも含めて、この展覧会に訪れた皆さんを刺激する場になれたとしたら嬉しいですね。さらに言えば、3.11およびその後の原発事故など、社会や自然への漠然とした不安、違和感……それらと向き合う際に関わり得るものとしても、私たち自身の「内臓感覚」に耳を傾けるきっかけになれたらと思います。

「まちに開かれた美術館」として世界的に知られ、開放的な建築デザインも特徴の金沢21世紀美術館。今回そこで「内臓感覚」を扱うというコントラストも興味深いものです。でも考えてみれば、外界にも呼応しながら(かつ、種の記憶=歴史を受け継ぎながら?)根源的な波動を響かせる内臓感覚は、けして閉じた回路ではないのでしょう。ともすればナイーブだと捉えられがちな「内なる創造力」などの言葉との違いも、ここにあるのかもしれません。各作家の力強い表現が、お腹にしっかり響く美術展。そんな体験をしに、初夏の金沢に出かけてみてはどうでしょう。観賞後は、美食の街でもうひとつの「内臓感覚」を磨くのもまたよし、です。
 
List
  この記事は 342846 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_343050
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
風土、生産様式、婚姻制
原始婚と性習俗
原始人類(後期)の全員婚
村落共同体の規範について
『日本婚姻史』の概略
日本の交叉婚の特殊性
「交叉婚」の集団性は?
交叉婚で発生した男の自我
江戸時代の結婚〜制度から見た男女の地位〜
西洋人の精神構造と異常な性意識
近代思想の結果が、現代
資本主義とセックス
セックスが「罪深くいやらしいこと」であるから、「処女性」が尊重される
処女観、初交観
夜這い「オコモリ」1
夜這い「オコモリ」2
夜這い「オコモリ」3
夜這い「オコモリ」4
和島家族論
水野家族論
夜這いの解体と一夫一婦制の確立1
夜這いの解体と一夫一婦制の確立2
夜這いの解体と一夫一婦制の確立3
恋愛も代償充足
その関係そのものが、心が通じ合えない構造にある
恋愛は共認不全をごまかす為の価値観念
性的独占意識の心理的転機
多くの男に女として認められること
オヤとコ(柳田民俗学から)
親の囲いが、対象を遮断し、活力を衰弱させる
過保護空間
「子供」という旧観念
婚姻が社会と切り離されて50年も経ってない
「二分の一成人式」に欠落しているもの
謝罪と感謝の方法
心の器
「セクハラ」の驚くべき事実。
イイ子・ワルイ子

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp