人材・教育
342904 読書するあなたへ
 
匿名希望 19/01/29 PM03 【印刷用へ
読む本でバレるのは、「そもそも読書習慣があるかどうかによる、その人の成長スピード」である。

【1】そもそも「学ぶ意欲と習慣」があるかどうか

たとえば私が尊敬する竹中平蔵先生は、大臣時代の激務の中でも毎日2時間、必ず机に向かって読書に費やすという素晴らしい読書習慣をおもちだ。

竹中先生の大臣時代の側近の方が、竹中先生を評して「先生は大臣時代もどれほど忙しくても、必ず毎日2時間、勉強に費やされていた」とおっしゃっていたのを印象深く覚えている。

「大人になってからまったく勉強しなくなる人が多い中、竹中先生は誰よりも勉強熱心で、常に進化・成長していかれる」とおっしゃるが、それは私が世界中の人を見てきた実感とも見事一致する。

これに対し、仕事がデキない二流の人は総じて、会うたびに「進化」がなく、数回会うと、飽きて話題がなくなる。「山は遠くから見たほうが立派」というか、二流の人はいざ近づいてみると、いとも簡単に登れて、あっという間に登頂できてしまうのだ。

人は知識のストックよりも、その人の変化率に興味をそそられるものだ。そもそも知識がすぐ陳腐化する現在、「常に新しいことを学びつづける習慣」こそが、大きな差を生むのである。

そしてこの「常に学びつづけ、成長する習慣」の有無は、まさにその人の読書習慣と連動しているといっても過言ではないのである。

【2】「主体性」をもって読んでいるか

ただし、世界の一流の人を見ていて感じるのは、「優秀な人に限って、読書は肩肘張らず、気の向くまま好きなものを読むのが基本」ということである。

読書だからといって、毎回勉強になるものを大真面目に読む必要はない。大切なのは、「楽しく活字に親しむ習慣」をもっているかどうかだ。

その証拠に、私が尊敬する一流のリーダーたちには、じつはそこらへんの漫画や週刊誌を読んでいる人も驚くほど多い。

私も駆け出しのころ、「無理して『フィナンシャル・タイムズ』を読まなくてもいいよ。俺が隣にいなければ、どうせ『週刊SPA!』の袋とじの部分を、一生懸命切り裂いているんでしょ?」と尊敬する上司に言われたことがある。

その上司は業界の中でも高名な伝説のディールメーカーなのだが、読んでいる雑誌がいつも『ヤングマガジン』や『少年ジャンプ』、そして『週刊SPA!』なのだ。

もちろん、雑誌ばかり読んでいるわけではなく、しっかりした本もきちんと読んでいるが、「緊張と緩和」をうまく使い分け、週刊誌や漫画もバカにすることなく自然体で楽しんでいる。

世の中には「売れている本」「話題になっている本」ばかりを追いかけて読む人もいるが、一流の人ほど、「これはいい」という自分なりの価値観があり、その「主体性」に従って、自分が好きな本を堂々と読んでいるものである。

【3】「守備範囲」が広く、「幅広い教養」があるか

たしかに、普通のビジネスパーソンなら、「仕事で必要な知識」を身につけるために本を読むことはあるだろう(三流の人になると、それさえもせず「ネットで調べてわかった気になるだけ」か、ネットにしか活動場所のない”似非学者”および”二流評論家”に瞬く間に洗脳される人も多いのかもしれないが)。

このような「三流の人」の特徴は、「自分の仕事や専門分野以外の話」になると、まるでトンチンカンなことをいい、まさに平均以下、ワイドショーレベルの話しかできないことだ。

そういう「守備範囲が狭く、教養がない三流の人」は、いわゆるエリート業界で働く人の中にも驚くほど多い。

ペルーに住んでいる私の友人に、大変な読書家で、欧州の某首脳のスピーチライターを務めていた男がいる。彼は、まわりのコンサルタントや金融機関の友人をさして「彼らは自分の仕事のフィールドの実務的知識は立派だが、その他の分野になると何も知らないし、勉強している気配もない」といつも残念がっているが、この”教養なきエリート現象”は国際的・普遍的に起こっていることなのだ。

リンク
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_342904
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp