試験・身分制度の根深い害
340169 「地方出身の東大生」の勉強法2
 
匿名希望 18/10/21 PM08 【印刷用へ
■特徴2:アプリケーションをフル活用する
2つ目はアプリケーションです。地方出身の東大生は、スマホアプリをうまく学習に取り入れて勉強しているのです。

勉強専用アカウント、「勉強垢」
周りに東大をはじめとする有名大学を目指す人が少ない環境では、勉強のモチベーションを維持するのが難しいです。しかし今、ごく簡単に、勉強意欲のある学生同士がつながるツールがあります。

それは、SNSです。たとえばTwitterやInstagramでは今、「勉強垢」と名前がついたアカウントがたくさんあります(「垢」とは俗に「アカウント」のことです)。「自分の勉強を発信し、ともに勉強を頑張る仲間とともに勉強意欲を高めるためのアカウント」です。

「今日何時間勉強したか」とか、「どの科目を勉強したか」とか、「どこの問題で躓いたか」とか、そういう報告をしていくのです。そうした学習の進捗報告をやりやすくし、表やグラフとして把握することもできる「スタディプラス」というアプリも登場しています。

一昔前は「東大を目指す受験生のブログ」がはやっていましたが、今はそれが形を変えて、受験勉強を発信するようになったのです。

「それで本当に成績が上がるの?」と思う人もいるかもしれませんが、「1人で頑張るよりも、大人数で切磋琢磨し合いながら勉強する」というのは大きな効果があります。「ピア効果」といって、高い意識や能力を持った人間が、お互いを刺激・感化させることは、集団全体のレベルアップに加え、個々の成長に相乗効果をもたらすことが明らかになっています。実際、「勉強垢」を使って東大に合格した学生も少なくありません。

授業・暗記・メモ帳……なんでもスマホで可能になる
また、「スタディサプリ」というアプリも登場しています。これは、月額980円で、4万本以上の授業が受け放題になるというアプリです。これを使えば、周りに塾がない地方の学生でも都会の学生と変わらないクオリティの授業を、いつでもどこでも受けることができます。

実際、このアプリを使って東大に合格した学生も僕の周りには多いです。また、僕は今、静岡県の沼津にある誠恵高校という学校で、今まで偏差値が低かった生徒に対してスタディサプリを使った勉強のサポートを行う「リアルドラゴン桜」をやっているのですが、これも一定の成果が出ています。

このアプリだけではありません。英単語や年号・○×問題を出題する暗記のためのアプリも増えています。有名単語帳の『ターゲット』もアプリで配信されており、TOEICやTOEFLで出題される英単語を集めたアプリも出ています。

スマホアプリであれば、テストもパズル感覚で容易に受けることができますし、採点も一瞬で終わります。また、テストで間違えたところも記録されており、自分の弱点をデータで把握することもできます。

1人で勉強していると、なかなか自分の弱点や自分ができないところに気づくことができません。しかし、こうした暗記アプリやSNSは、自分のできないところを客観的に教えてくれます。

わざわざ塾に行かなくても、単語帳をたくさん買ったりしなくても、スマホアプリを有効に活用すれば東大にも合格できる時代になってきているのです。

■大切なのは「能動的に学ぶ」こと
もちろん、スマホというのはいくらでも遊べてしまうものですから、うまく活用できずに成績を下げてしまう人もいるかもしれません。しかし、「ちゃんと勉強したい!」「絶対東大に行きたい!」と能動的に目標を設定できる人にとっては、こんなにすばらしいツールはないのです。

「1冊の本をきちんと読み込む」「アプリをうまく活用する」という2つの特徴を紹介してきましたが、どちらの特徴も、「能動的に自分の持つリソースを活用しようとする姿勢」が見て取れると感じました。

むやみやたらに参考書を読み漁るのではなく「これ」と決めた1冊から情報を得ようとする姿勢。スマホという毒にも薬にもなるリソースを、目標のためにフル活用しようとする姿勢。

受動的ではなく能動的に行動するというところに、与えられた環境を飛び越えて目標を達成する糸口があるのではないでしょうか。
リンク
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340169
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp