日本人と縄文体質
340079 日本の技術力が世界的にすごい本当の理由
 
今井勝行 ( 中年層 東京 会社員 ) 18/10/18 AM01 【印刷用へ
リンク
日本の技術力が世界的にすごい本当の理由

今回の日本出張の際に、とあるアパレル系ブランドの海外進出プロジェクトの一環として、彼らのものづくりに関しての現場を見るためにいくつかの工場と品質管理センターを見学させていただいた。そして、その経験は今までの人生の中でも1,2を争うほどに度肝を抜かれる結果となった。

繊維系の製作現場という特性もあるだろう、決してテクノロジーがすごいわけでも、難易度の高い複雑な作業を行なっているわけではない。しかし、そこで働く方々のものづくりに対する姿勢や、その工程における繊細さなど、”さすがにこれは日本でしかできないな”という内容である。

何がすごいかというと、ものすごく細かく単純な作業をただひたすら続ける忍耐力、機械でも読み取れないようなナノ単位でのズレを感覚で認知する感覚、そしてやろうと思えば簡単にできるごまかしを行わない仕事に対する誠実さがそこにはあった。

これは本当にすごい。日本国内の感覚だと”当たり前”と思われるかもしれないが、実は海外から見ると、こんな事ができる人種は他にいないのではないだろうか?例えばこれが怠け者のアメリカ人だったとしたら、”こんな退屈な仕事バカらしくてやってられない”と言ってすぐに辞めてしまうかもしれない。そして米国企業は最小の労力で利益が出るための効率化を最優先する。

では世界一の生産拠点である中国はどうだろうか? おそらく、大規模な工場に大量の人的リソースを投入し、単純作業を通じて安価で大量の生産ができるかもしれないが、どの工程にごまかしが生まれるかがわからない。日本ほど”実直な”作業は望めない。また、コストを削減するために東南アジアに外注したとして、日本ほどの繊細なクオリティを担保する事が難しいだろう。

実際に工場長に聞いてみたところ、東南アジアから来た労働者を採用してみた事もあるが、うまくいかなかったという。その理由は、文字や数字では説明のつかない最後のニュアンスが理解できないからという。日本人が得意な”あうんの呼吸”や”微妙なニュアンス”というものは、日本特有のものであり、海外にはほぼ存在しないらしい。

ちなみにこのクライアントの会長さんに“君、’微妙’って英語でなんと言う?“と聞かれて答えられなかった。実は、会長さんによると“微妙”を一言で表す単語は日本語以外に無いと言う。なぜか?それは日本にしか無いニュアンスだからなのであろう。

一言で言うと、こんな素晴らしい国無い。

そんな中で日本国内のものづくりの現場では、職人さんやパートのお姉さんたちが、ロジックでは説明のできないセンス、感覚、忍耐、正確さ、継続性を通じ、品質の高い製品を毎日作り出している。これは実は本当にすごい事で、シリコンバレー的な技術革新をメインにしたイノベーションよりも、単純作業を安定した水準でただひたすら続けることの方が何十倍も難易度が高いだろう。

誰にもできないような難しい事ができるよりも、単純でつまらない事を正確にやり続ける方が難しい。毎日パソコンやスマホを活用して楽で効率的な仕事のプロセスばかりに気を取られていた自分にとっては、後頭部を殴られるほどの衝撃を受けた。

技術革新による効率化も素晴らしいが、アナログな作業をひたすら続けられる事と、その仕事のクオリティに対するスタッフのコミットは簡単には真似ができない。なぜならそこには信じられないレベルの忍耐力が必要とされるから。この一つの事をひたむきに続けられる忍耐力こそが日本が世界に誇るべき技術力の根源であり、イノベーションにもつながるきっかけにもなるだろう。

しかし、同時にこの忍耐力は時に大きなデメリットも生み出す諸刃の刃だとも感じた。日本人特有の単純でつまらない作業を何の疑いも持たずに実直に続ける。これを逆手にとってしまえば、その作業を通じて生み出されるもの次第においては、世の中にとって良くない結果を生み出す可能性があるからだ。

単純作業をとことんマニュアル化して”内職”として発注する。これがクラウドソーシングを利用する際の一つのセオリーであろう。おそらく仕事を受けた人は実直に言われたプロセス通りに作業を行い、一つ一つの報酬は少なくとも、それを大量に生み出すことにより、安定した収入を得る事ができる。

しかしその一方で、その作業内容やそこから生み出されるものがどの後世の中に対してどのような影響があるのかをあまり意識しない。実直であるがゆえに、頂いた仕事は真面目に取り組み、その内容に疑いを持たない。そんな国民性だったとしたら、自分が行なっている仕事の結果を自分の頭で考えて判断できなくなる可能性もある。

社会的には良くないとなんとなく感じていても、言われたことを仕組みの中で実直に作業を進める事に必死になりすぎて、仕事の内容や目的に疑問を持ったり、それを進言することはご法度である。そんな”職人的な”気質の人たちが昨今話題になっているキュレーションメディアのコンテンツ作りをただただひたむきに行なっていた気がしてならない。

今回の日本出張を通じ、日本という国の持つ、実直、誠実、忍耐、といった世界に誇るべき気質を学ぶとともに、仕事は”何のためにやるか”がより重要になってくるとも感じた。そうすることで、社会にとっても素晴らしいイノベーションが生まれるのでは無いかと思う。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_340079
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp