もはや学校は終っている
339798 教員不足解消のための「大量採用」が、学校を多忙にしている矛盾
 
匿名希望 18/10/07 PM07 【印刷用へ
リンク(リンク

1日の平均勤務時間が11時間を超え、過労死のリスクが高いとも言われている小中学校の教員。ならば採用人数を増やし、現場の人手不足を解消させれば万事うまく行く、と思いがちですが…。無料メルマガ『「二十代で身につけたい!」教育観と仕事術』の著者で現役小学校教諭の松尾英明さんは、実際に大量採用したとある県で起きた事例を挙げ、「教員採用試験」の大切さについての持論を記しています。
 
採用試験の重要性

7月9日は、千葉県の教員採用試験だった。この採用試験というのは、学校現場にとって非常に重要な意味をもつ。

以前も書いた気がするが、記事を探しても見当たらないので再度書く。ずっと前に「東京教師塾」で、塾頭の原田隆史先生に次のような話を伺った(記憶を辿っているので、あやふやな面もあるがご容赦いただきたい)。

どの県のどの学校でも、多忙の原因の上位に「人が足りない」という声が上がる。そこで、ある県では対策として費用を投じ、教員を大量に採用して少人数学級を実現したそうである。これで担任の数も増え、教員の多忙化にも歯止めがかかるはず。


実際には、何が起きたか。以前よりも学級崩壊が多発し、多忙化に余計に拍車がかかったのである(予防に対し治療は10倍以上の労力を要する)。


原因の一つに、大量採用によって門戸が開きすぎたことが考えられるという。要は、今までなら採用しなかった人材をも、数が足りないのでとにかく採用することになる。そうすれば、本来なら教師の仕事への志がそんなに高くない人や、現段階では採用に適さない人材も含まれることになる(人材としては適しているのに試験に弱いという人も中にはいると思うので、その面ではプラスのチャンスでもある)。経験のない新規採用者が多いということも考えられるが、新規採用者の質も問われる形となった。

 
また、単純に数が増えることで、別のデメリットもある。どの学校でも、学級経営に特段力のある方がいると思う。私の地元を思い浮かべると、50代の女性ベテラン教員に多い(いくつになっても笑顔が輝いていて、若々しいのですぐわかる)。この人が40人の学級を見ていたのが、30人で済むことになる。つまり、力のある人の担当する人数も減るのである。そして、学校にいる子どもの絶対数は変わらない。これは、全体の利益としてはやはりマイナスである。身も蓋もない話だが、「より忙しい人に仕事を頼め」というのは、組織としては真理である。

要は学級担任を考える場合、量より質なのである。大量に採用するより、試験内容を吟味し、適した人材を厳選する方が大切なのである。そして、ここは結構ポイントなのだが、この場合の必要な「質」とは、格段晴らしい実践をする人のことではない。情熱があって一生懸命で、何とかかんとかやっていけそうな人物であれば満点なのである。そこさえ落とさなければ、現場としての最低基準は満たされる。

そう考えると、採用担当者というのは、非常に大切である。組織の中でも、最高の人格者が担当しているはずである。そう考えると、採用担当者というのは、大変重い仕事である。だから、試験を受ける側は、そういう人物を誤魔化すことは考えない方がよい。しかも膨大な数の人を相手しているのだから、選別の目も鋭い。面接を受ける際は、どうせ見抜かれていると腹を括ることである(だからこそ、服装のような全員が当たり前のところで無駄に印象を落とさないことが大切である)。



 
採用された後は採用試験とは無縁のようだが、実は大いに関係がある。我々の未来の仲間を採用するにあたり、果たしてどんな選別がなされているのか。採用試験に関心をもつことには意味があると思う。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_339798
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp