共認心理学:現代の精神病理
339568 SNSの「いいね!」は性行為より快感
 
匿名希望 18/09/29 PM11 【印刷用へ
「シャーデンフロイデ」、それは他人を引きずり下ろしたときに生まれる快感のこと。インターネットやテレビのワイドショーなどで、最近よく見かける光景かもしれませんね。

 脳科学者の中野信子さんは、この行動が脳内物質「オキシトシン」と深く関わっていると分析します。なぜ人は「妬み」という感情をおぼえ、他人の不幸を喜ぶのか? その謎に迫った『シャーデンフロイデ』より、一部を抜粋してお届けします。

■「承認欲求ジャンキー」とは
 仕事が忙しいにもかかわらず、自分のフェイスブックへの反応が気になってしかたがないという30代の男性がいます。

 彼は、外出中やランチタイムにたびたび自分の記事にチェックを入れ、「いいね!」が少なければがっかりし、なにか批判的なコメントでも書き込まれていようものなら、落ち込んで仕事も手につかなくなるといいます。

 だったら、記事をアップするのをやめてしまえばいいのに、それもできないのです。まるで承認が欲しくてたまらない重症の中毒患者のように見えます。

 また、ひと頃、「バカッター」などと呼ばれて、一般的な良識の範囲から逸脱した写真や動画を投稿することで、多くの人の注目を集めようとする人が続出しました。

 コンビニでアイスクリームを販売するためのケースに横になった写真を投稿したり、売り物のおでんをつんつんとつつき、それを「けしからん」と攻撃するであろう人の姿をおそらく想像して、楽しげにその行為を続ける姿を動画にとって投稿したりした人たちのことです。この人たちこそ、「承認欲求ジャンキー」の典型と言えるかもしれません。

■すべては「ドーパミン」のしわざ
 承認欲求を満たす行為は非常に快感が大きく、性行為と同等あるいはそれ以上の快感が得られるとする研究もあります。

 薬物に限らずアルコールもギャンブルも承認も、中毒と呼ばれるものはすべて脳にあるドーパミンの機構にその原因を求めることができます。意志が弱いからそれをやってしまう、のではなくて、ドーパミンが分泌されることで脳が極めて強い快感を得られるため、どうしてもそれを繰り返してしまうのです。

 たとえば、パチンコをやめられない人は、大当たりして玉がじゃんじゃん出るときに大量のドーパミンが放出されるので、「もう一回あれを味わいたい」と借金をしてまでパチンコ店に向かいます。

 だから、賭け事で「ビギナーズラック」に喜んでいるのは、まず快楽を味わってもらって中毒にしたいという胴元の狙いにまんまとはめられているとも言えます。

 SNSでの承認は、ただ褒められるだけでなく、人々が見ているなかで認められるのですから、それだけドーパミンも多くなり、強い快楽を得られることでしょう。性行為は基本的には一人を相手にするものですが、フェイスブックの「いいね!」は不特定多数から得られるという特徴があります。

 お金もかかりませんし、性行為に至るまでの、デートの計画や面倒な段取りもしなくていい。自分が好きなときに、自分にとって都合よく加工した情報を発信するだけで、大勢から承認してもらえるというわけです。

 となれば、ストレスでいっぱいの現代人が、「無理して恋人をつくらなくても……」と言い出すのも無理のないことかもしれません。

 さて、承認欲求ジャンキーが手を染めるのは、「バカッター」的な行為だけではありません。自分は攻撃されることなく、多くの人の賛同が得られ、場合によってはむしろ喝采を浴びることができるかもしれない。それはどんな行為か、容易に想像がつくでしょう。

「悪」を無理やりにでも見つけ出して「悪者」を設定し、我が身は大勢が支持するはずの「正義」を代表する立場に置いて、それらの「悪」を容赦なく派手に攻撃する、という行為です。承認欲求ジャンキーの最も危険な形が、正義ジャンキーという形で現出するのです。

 もしも、自分がターゲットになってしまったとき、彼らの攻撃から身をかわすことは、かなり困難であると言わざるを得ないでしょう。
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_339568
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
343227 なんでバイトテロ,バカッター・・・は起きる? 小平健介 19/02/09 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp