地域活動
338390 進化する盆踊り
 
匿名希望 18/08/21 AM01 【印刷用へ
衝撃のダンシング・ヒーロー
 7月に愛知県一宮市であった「一宮七夕まつり」で、初めて目にしたときは衝撃でした。「ダンシング・ヒーロー」の曲が流れ出すと、やぐらを囲んでいた人たちが踊り出しました。くるっと体を1回転させたり、片手を上げてジャンプしたり。「ヘイヘイヘイヘイ」と、原曲にはない合いの手も息ピッタリです。

もはや伝統曲
 飛び入り参加ばかりのはずなのに、どこで練習してきたのだろうと思っていると、会場で出会った地元の女性が教えてくれました。

 「ダンシング・ヒーローは、1年に何十回も踊る曲」なんだそうです。ダンシング・ヒーローが一宮七夕まつりで流れ始めたのは、ヒット翌年の1986年。30年を超える立派な伝統曲です。

ついに本人登場
 ついには今年、本家の荻野目洋子さんが盆踊り会場に登場しました。生歌で踊るという、なんともぜいたくな盆踊りです。舞台上で荻野目さんは「毎年踊ってくださって、ありがとうございます。それを伝えにきました」と感謝の言葉を口にしました。

すごいよJポップ
 荻野目さんが帰った後も熱は冷めません。再びダンシング・ヒーローを流して踊り始めます。炭鉱節などをはさみながら「およげ!たいやきくん」や、B.B.クィーンズの「おどるポンポコリン」、モーニング娘。の「恋のダンスサイト」と続きます。

 え、この曲も? と驚きの連続です。「およげ!たいやきくん」で「フゥー!」と合いの手が入った時は、思わず笑ってしまいました。「恋のダンスサイト」で一段と輪が大きくなり、勢いも増したように感じました。世代を超えた踊りに、Jポップの力を実感しました。

「踊りに魂が入る」
 一宮民踊連盟代表の加藤豊香玉さんは「若い人には激しい踊りが喜ばれます」と、Jポップを流すようになった経緯を教えてくれました。「年配の方も一緒に夢中になって、踊りに魂が入る。形よりも楽しかった、と思ってもらえることが大切です」と話します。

発祥は愛知
 「ダンシング・ヒーロー」や「おどるポンポコリン」などの振り付けを考えたのは、名古屋市が拠点で全国に師範のいる日本民踊研究会です。可知豊親会長は「若者に楽しく踊ってもらおうと作られた」とふり返ります。

 ポップス音楽が使われるようになったのは「ダンシング・ヒーロー」のころからで、師範を通じて広がっていきました。

愛知に浸透、なぜ
 その中でも「愛知は特に浸透している」といいます。理由として、愛知には伝統的な盆踊り曲がなかったからだそうです。「愛知の人々は毎年、新しい曲を楽しみにしています」

 AKB48や氣志團など、毎年新しい曲に振り付けをし送り出してきました。ダンシング・ヒーローのように長く残るものもあれば、2、3年で消えるものもあるといいます。

岐阜も負けていません
 愛知で始まった盆踊りも、今では東海地域で親しまれています。岐阜県美濃加茂市の「おん祭MINOKAMO」では、毎年「ダンシング・ヒーロー」で大盛り上がり。採り入れたのは地元盆踊りサークル「舞童」の今井一彦さん。1995年ごろ、岐阜県可児市で見たことがきっかけだったそうです。「発祥は愛知だけど、勢いは負けません」と、魅力にはまる人は増えているようです。
 
List
  この記事は 211321 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_338390
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp