企業を共同体化するには?
336182 【組織を守る】誰かがではなく自分が守るという意識が必要不可欠 
 
匿名希望 ( 25 東京 農業 ) 18/06/03 PM09 【印刷用へ
一般的に会社の構造というものは優秀な社長がいて、その社長の考え方、理念に基づき成り立つという認識が主流、そしてその社長に皆ぶら下がって自身の生活を維持させる。

他力本願とはまさにこのこと、自分の生きる場は自分で作るという考え方が無い。

そして、それは個人であれば話はかわるが、組織で行う場合、組織を支えるのも壊すのも結局は働き手であるという事。

例えば、バイトの働き方、自給という考え方、とりあえずこの時間からこの時間まで出勤すれば、法律というバックを抱え確実に得ることができる。
たとえそれが組織にとってよくないことであれ良いことであれそれは平等な扱いとなり、その環境が成立するということは組織には必ず守り手と破壊手が要るという構造になる。

その構造を打破するにはまず自身の仕事による利益というものをどれだけ数字で抑えることができてるのかが着目点。

時間働いて=給料という思考ではここまで主体的思考にいたることはないし、気に入らなければすぐに他のところに逃げてそこで同じ事を永遠と繰り返していく。

ここで重要な認識はやはり自分で生きる場を創るということ、そして組織でそれを行うのであれば組織が壊れないように守るという思考に転換する必要がある。

これも例えばだが、組織内どんな集団体にも必ず存在する自我(自分視点)というものがあり、他の人をやたら評価したがる人がいる。

その評価基準が仕事の成果に対してのものなのか、個人的な好みの問題での評価点なのかでくっきりとわかれており。

相手の人間性を否定した言葉で共認し、合わない人間ははじいていくという守り方をする人間と、そういった人をどうしたら僕達の【仲間】として引き込むことができるのか?という視点をもった人間が対立していく。

共同体実現とは、つまり自身らの思想を合わない人間は弾くという考え方ではなく、自身らの思想が共有できない相手をどれだけ巻き込めるのかがすごく重要なポイントである。

これが達成できなければ共同体の人間がいくら増加したところで、自我をもった集団に共同体の構造は破壊される。

思想の合わない人間をただ否定する、評価するのではなく最後にはどうしたらこの人を巻き込めるのか?というどうする?までを鮮明に提示し実行していく事。

これをあきらめる人間の行動が前者であり、前者の人間では結局仲間集団というよりも友達集団で仕事をするという構造になる。

仲間集団と友達集団の違いはなにより同じ課題に向って進んでいくという思考ができるのか、できないのか差であり、友達集団であれば何か課題を決めてそれに向けて進んでいくという発想にはならない、あくまで友達とは解脱の対象であり、日々のストレスや疲れを友達と過ごして癒すというのは成立するが、あくまで何かの課題に対して一緒に突き進むという関係ではないという事。

仲間とは同じ課題を掲げる事で何よりも成果を出す。その視点で仕事をする。
これはつまり 自身の生活を自分で守る=組織としての行動を促進させるというイメージにぴったりと当てはまり、それが出来る組織とはどのような人がきたとしても崩壊することなど有り得ないのである。

それを意識した上で自身の行動、自身の考え方が仲間としてなのか、友達としてなのか巡らせてほしい。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_336182
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp