学者とマスコミはグルで頭脳支配
33146 誰も選んだ覚えの無い特権階級は要らない
 
麻丘東出 ( 41 兵庫 環境コンサルタント ) 02/06/09 AM01 【印刷用へ
>学者や文化人やマスコミは、教育や研究や発信を業とする特権階級であり、社会の単なる傍観者に過ぎない。決して現実社会を生きる当事者なのではない。(32569

この端的な認識は、今までいろいろな事象を思い込みで見過ごしてきたが故に抱えていた不全に対してスッキリしたものを与えてくれます。
そして、彼らは、傍観者に過ぎないにもかかわらず、現状維持を強固に図ろうとする力に加担するマイナス要因としての存在であることを理解させてくれます。

例えば、誰しもが多かれ少なかれ日常の仕事の中で疑問に感じながら見過ごしてきた1つに“行政指導や通達等”というものがあります。
今まではこの行政指導や通達については仕方がない当たり前のことのように思っていましたが、これは、官僚が、誰も認めた覚えの無い特権をあたかも当たり前のように行使していることではないでしょうか。
なぜなら、官僚達は、自らつくった法律を当の本人が解釈をおこなうといった権限によって、行政指導や通達や許認可権などを駆使し、企業の活動をあれこれ規制できる生産と流通のコントロールシステムを操つることができるのです。

なぜ、誰も選んだ覚えのない者にこのような権力が当たり前のように存在しているのか?

最近になって少しずつ官僚や行政への不信は社会的に高まってきました。
しかし、何となく私たちは、少なくとも選挙を通じて選んでいる(現在の選挙の問題についてはここでは一旦保留にします)政治家に対しては権力をもっており常に監視されるべきだと思っていながら、官僚に対してはそのような意識が薄かったと思います。
また、政治家に対しては国を治める力も資格ももはや無いと気付きながら、一方で、選挙で選ばれたわけでもない官僚にはその能力がまだあり任せた方が良いとさえ考えているところもありました。
そして、倒錯した近代観念に凝り固まり人権問題や政治問題に一生懸命取り組んでいる市民活動家ほど、社会の本質問題を棚に挙げて「政治家の腐敗を最大の問題」とばかりに声を上げます。そして、マスコミが学者や文化人の言葉を借りてそうした政治への怒りを煽りたてます。
しかし、そのような問題を矮小化した動きが、問題の矛先を誤魔化し、現状維持の動きを強固にしていっているのです。

つまり、結局、実際に腐敗している政治家、現状維持に躍起な官僚に、傍観者に過ぎない学者、文化人、マスコミが一体(ぐる)になって、問題の本質を脇に置き、ワイドショー的に「政治家の腐敗こそ政治の最大課題」というガス抜き程度にしかならないことを繰り返しているのです。そして、それにより、いつも私たちは、問題の本質を考える機会を奪われ,ごまかされ続け、そして、何も変わらず問題の被害だけ被ってきたのです。


しかし、私たちはもう理解した。このような傍観者に過ぎないにもかかわらず権力を行使する者に任せていてはどうにもならないことを。
「当事者」たる我々が協働して決めてゆかなければならないことを。「半専任」という言葉、あるいは仕組みの重要性を。
そして、「認識形成の場」に参加することの意味を。

 
List
  この記事は 32918 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_33146
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
99195 > 誰も選んだ覚えの無い特権階級は要らない 寺嶋眞一 05/10/16 AM09
33228 可能性ある若者を呼ぶるいネット 田中修 02/06/10 PM11
33175 特権階級は自動的に消滅する 斎藤一浩 02/06/10 AM07
33171 Re:誰も選んだ覚えの無い特権階級は要らない 安冨啓之 02/06/10 AM00
33169 認識形成の場に参加するだけでなく利用する人々を増やしていく 篠田悟 02/06/09 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp