日本を守るのに、右も左もない
328037 体育座りはGHQが日本へ導入。アメリカ本国では一切行われていない。
 
匿名希望 17/07/14 AM00 【印刷用へ
その本質は、日本人の強さの根源である「丹田」や「腹」の弱体化。

《以下引用》リンク

■「体育すわり」は日本人を骨抜きにする戦後GHQ戦略

日本の義務教育でおきまりの「体育すわり」。戦前は、日本人はこういう座り方は絶対にしなかったことをご存知ですか。

こちらは、古代エジプトの第18王朝最後のファラオであったホルエムヘブ(紀元前1323〜1295年在位)が異民族の奴隷を数えているレリーフです。

この奴隷の顔を見ると、当時のエジプト人とは違う人種であることが分かりますが、この人々は現在のアスワンからスーダンにかけて存在した民族であったと言われています。

へえ、「体育すわり」って、3000年以上前からあったのか! なんて感心している場合ではありません。

戦前は、日本人が地べたに座るときは、正座かあぐらでした。

ところが、戦後になって、GHQ(連合国軍総司令部)によって、日本人弱体化計画が実施されました。その中に含まれていたのが、日本人の強さの根源である「丹田」や「腹」の弱体化です。

目的はもちろん、日本人がアメリカを含む戦勝国に二度と立ち向かわないようにするためです。GHQ(連合国軍総司令部)は、日本人のことを徹底的に研究したようです。

日本では義務教育の場で必ず当たり前のこととして強制される「体育座り」ですが、アメリカの教育の現場では、子どもたちはほとんどの場合は椅子や台の上に座っています。

床に座る場合は、体育座りの姿勢を取ることは一切なく、あぐらです。または人魚すわり。(これは、US School Children sitting などのキーワードで検索するとわかると思います。)こんな感じの座り方が一般的です。

私自身、アメリカに20年以上住んでいますが、こちらで日本の「体育座り」をしている人を見たことがないですし、アメリカで自分がこういう座り方をしたことはほぼないです。

アメリカの囚人の写真を検索すると、面白いことが判明するのですが、現在のアメリカでは、囚人は独房のベッドを椅子がわりにして座っていることが多く、「囚人すわり」というか「体育すわり」をしている人がいないのです。(留置所などで、例外的に椅子がない場合はあるとは思いますが)以下はアメリカの刑務所の画像です。

このことからも、「体育すわり」は、アメリカなどでは囚人でさえも、自国民に継続的にさせないものであることが分かります。

つまり、「更生」や「教育」しようとしている人たち、つまり向上して、ゆくゆくはアメリカ社会のよき一員になって欲しい人たちには、この姿勢を取らせない。

以下の写真は、アメリカ軍がベトナム戦争時代にベトコンの少年を捕らえた時の写真です。

表向きは、「敵兵を捕らえた図」ということになっていますが、どこから見ても民間人にしか見えません。

この姿勢は、「うさぎ跳び」を思い起こさせますね。

日本の「体育」に含まれている体操やポーズは、もう一度考え直した方がいいと思いました。

アメリカでは自国の囚人にさえもさせない、体力と気力と人間性を骨抜きにする「体育すわり」を戦後教育で導入された日本ではありますが、戦後もう70年以上が経過しています。

現在、アメリカの大企業などでは、エリート社員の企業研修セミナーの一環として、日本の禅宗の座禅を取り入れるところが多くなっています。

アップル創始者の故・スティーブ・ジョブスが座禅を実践していたことは有名ですよね。アメリカの成功者たちの間では座禅を通じて、人材養成を行うことが定番となっていて、私の知り合いにも研修の一環として座禅合宿に参加した経験のあるエリートが何人もいます。

つまり、日本人が昔から、精神修養のために行っていた座禅というものの価値がアメリカのエリートたちの間では優秀な人材育成に役立つことが認識されているのです。

「体育すわり」を導入させたのはGHQとアメリカだったかもしれませんが、その後、いくらでも私たち日本人が変えられたはずです。

アメリカのエリートたちが必死になって座禅をしてハラを鍛えている間、日本人が体育座りをして肉体的にも精神的にも隷属状態に陥ったままでよいのでしょうか。

そろそろ、日本人の伝統的な座り方であり、「丹田」と呼ばれる腹(ハラ=コア)を鍛える正座と座禅を取り戻すときにきているのではないでしょうか。

《引用以上》
 
List
  この記事は 321561 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_328037
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp