宇宙・地球
327149 ロシアは2035年までに“200兆円”つぎ込んでテレポーテーションを実現する
 
植田正治 17/06/07 PM10 【印刷用へ
環境汚染や資源の枯渇が危惧される現代において、国家が未来に向かって持続的発展を遂げるためには「科学・技術立国」を目指している。

そのような中、ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出した。なんと、「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」というのだ。

以下、(リンクより、転載。
++++++++++++++++++++++++++++++++
■テレポーテーション技術は夢物語ではない

今月22日、英紙「The Telegraph」が報じたところによると、“テレポーテーション計画”はロシアの国立科学研究機関が打ち出した科学・技術立国プラン「国家技術イニシアティブ」に含まれているという。

空間を物理的に動くことなく、一点から一点へと瞬時に移動するテレポーテーション技術など、SF作品だけの夢物語だと考えている読者がいるかもしれない。しかし、これまで何度も報じられているように、世界中の研究機関が“本気で”テレポーテーションの実験を行っている。2014年5月には、デルフト工科大学(オランダ)の研究チームが「量子もつれ」を利用して“100%の精度で”瞬時に情報を転送することに成功した。さらに米中の共同チームは、この「量子テレポーテーション」の技術を応用して微生物を瞬間移動させることを試みている

まだまだ物質を転送することの課題は山積みだが、テレポーテーションは決して夢物語などではなく、実現すべき目標として日夜研究が行われているのだ。

そして、クレムリン肝いりの「国家技術イニシアティブ」では、2035年までにテレポーテーション技術を確立するため、総額200兆円もの予算がつぎ込まれる予定だ。計画の責任者であるアレクサンダー・ガレツキー博士は、ビジネス紙「Kommersant」(22日付)のインタビューに次のように答えている。

「現代の私たちを取り巻くテクノロジーのほとんどは、20年前のSF映画からの引用のようなものですよ。テレポーテーションだって、今後20年で達成される」

近年、ロシアの科学技術は国家による戦略的支援のもと目覚ましい向上を遂げており、今後数十年のうちに量子コンピュータや神経インターフェイス(人体とコンピュータを直接繋ぐ技術)の分野において、同国がトッププレイヤーの地位に上り詰めることも十分に考えられるとのことだ。

■ロシア国営メディアが即座に否定!

もしも人類がテレポーテーション技術を手にしたら、日常生活が一変するのみならず、安全保障の分野にも相当なインパクトがもたらされることになるだろう。そして、まるでそれを物語るような事態が進行中だ。今回の「国家技術イニシアティブ」が西側メディアによって報道されると、その直後に、ロシア側がテレポーテーション計画を否定しはじめたのだ
ロシアメディア「スプートニク」(旧:「ロシアの声」)は、英紙「Telegraph」の記事が配信されると、計画筋の話として「それは量子情報通信の話であって、量子テレポーテーションのことを指しているわけではない」と報じている。まさに、テレポーテーション技術の開発競争に拍車がかかることを防ごうとしているような印象を受けないだろうか? 実質的なロシア国営メディアが、これほど早いタイミングで否定記事を配信すること自体、裏で何らかの意図が働いている可能性が高い。

数十年前、世界各国が他国より1日でも早く原子爆弾完成を完成させようと水面下でしのぎを削っていた構図が、再現されることになるのか? テレポーテーション技術をめぐる各国の“駆け引き”からも目が離せない。
 
List
  この記事は 296475 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327149
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp