マスコミに支配される社会
327147 皆ウソをつくのに、なぜ「ウソはダメ」と言うのか
 
す太郎 ( 27 千葉 会社員 ) 17/06/07 PM10 【印刷用へ
リンク

追及されている官僚たちは、「またか」と思わざるをえない下手な弛緩した演技を繰り返しているだけなのに、森友学園前理事長の籠池さんも、前文科省事務次官の前川さんも、いわば討ち死に覚悟の背水の陣、まさに窮鼠(きゅうそ)猫を嚙(か)むという姿勢ですから、(官庁の文書もみ消しを追及する点に限っては)とても真摯で誠実に見え、感動的にさえ見える(私の主観的感想ですが)。ああ、これが江戸時代だったら、完全に闇討ちに遭うだろうなあと思わせられ、それを承知で堂々と告発しているからなのでしょうか?

そこには、確かに濃厚に復讐の影がありますが、それでも、もはや私利私欲を離れた地点で、相手とともに地獄に堕ちる覚悟で、不正を暴きたいという姿勢が見られる。長く生きてきて、ロッキード事件初め、真実と法的正当性とのギャップ(すなわち、ウソであることは明白なのに、不法ではないゆえに逃げ切るゲーム)は飽きるほど見せつけられてきたので、こういう真実ゲームには、その動機がいかに不純なものであれ、感動してしまいます。

というのも、私自身おそるべく似た仕方で被害に遭ったからです。ある組織の契約不備に気づき、それを突いたところ、それを認める事務員やその上司の手紙やメールが多数あるのに、あっという間に、自分たちにはいかなる落ち度もないとして、契約を打ち切られ、その後和解を求めても調停を提案しても、相手は寸分も動かなかった、という苦い体験があるのです。

まあ、私のような雑魚が何を言っても社会問題にはならず、テレビ記者会見のチャンスは与えられず、よって相手も(いまのところ?)安泰なのですが、本当に腹立たしいことです〔詳しくは『真理のための闘争』(河出書房新社)を参照のこと〕。

とはいえ、官僚(組織)が悪い、官邸が悪い、安倍晋三さんが悪い、いや籠池さんや前川さんだって「きれいじゃない」という仕方の追及は、テレビや新聞や週刊誌といったマスメディアが朝から晩まで報じていますから、ほかの人々に任せましょう。

森友・加計学園問題から見えた「ウソそのものの構造」

哲学的に見てたいそう興味があるのは、こうした表層の議論ではなく、「ウソそのものの構造」とでも言ったらいいでしょうか、そのとても不思議なダイナミクスです。

たしかに、われわれは毎日四六時中ウソをつきますが、だからといってそれを100パーセント容認しているわけではない。なぜなら、われわれは、子供たちにも青年たちにも「ウソをつくな」と教えるからであり、それも大真面目で教えるからであり、さらに、われわれは他人から「ウソつき」とか「ウソばかり」と言われると怒るからです。

すなわち、きわめて興味深いことに、ウソに関しては、大原則と現実が相当隔たったまま、われわれは両者をうまく使い分けているのです。だから誰も「場合によってウソは必要」とは言っても、「原則的にウソをつくべきだ」とは言わないし、どの企業も(いかに怪しげな企業でも)、「ウチの会社は原則的にウソをつく」とは言わない。見方を変えれば、われわれは他人のウソによって被害をこうむったときには、その「ウソ」にはひどく敏感であって、激しく追跡する。これは、振り込め詐欺や結婚詐欺から一国の首相のウソまで同じ構造です。

そして、さらに面白いのは、その場合あらゆるマスコミは、権力者のウソに対して、自分はウソをつくことはまったくないという態度を恥ずかしげもなく前面に押し出して追及する。これは、権力者のウソは、その被害が甚大になるからであって、職務に由来する義務の意識がそうさせているのでしょう。

というわけで、森友学園問題や加計学園問題のみならず、ちょっと前になりますが「戦闘地域」と書いた自衛隊の現地報告書を防衛相が(多分)もみ消した問題、それに強行採決はしないと言いながら、飽きもせず堂々とそれを繰り返すウソなど、ウソ、ウソ、ウソが日本中にこだましています。そして、このことにうんざりしている一般国民も、やはり日々自他に対して刻々些細(ささい)なウソをついて暮らし、自分も他人も(広い意味で)騙(だま)している。サルトルによれば、これこそ「自己欺瞞」という人間存在の基本的あり方です。

では、このことから抜け出る道はあるのか? あるのです。それは、われわれがどうしても生きるためにウソをつかざるをえないのなら、せめて「ウソをつくべきではない」という原則を投げ捨てること。そしてウソをついても平然としていること。いいですか? ウソをついていないとウソを重ねることではなく、「ウソをついてなぜ悪い、俺はウソをついているが悪くない」と居直ること、そして、ウソをついた人をけっしてウソをついたゆえに責めないこと、子供たちにも「ウソをつくことは悪いことだ」と教えることをやめることです。もう少し細かく言いますと、ウソによって被害が生じた場合だけ、(本当のことを言って被害が生じたことと同様に)責めること。すなわち、「ウソをつかない」ということを人間としての美徳から外すことです。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_327147
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp