原始共同体社会
32641 採取生産時代のまつり統合とその限界@
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/06/03 PM11 【印刷用へ
採取生産時代の「まつり」の位置付けは概ね皆さんが投稿されているとおりだと思います。
しかしそれが、集団統合に果たした役割と同時にその特殊性や限界も見ておく必要があるように思います

皆さんの挙げられている事例や分析しておられる対象は、概ね採取生産中期から後期にかけてのものだと思われます。ここでの特徴は、既に祭りが日常的なものではなくなっていることです。もともとの祭りの原点は原始時代の踊り(=歩行訓練)です。これは極めて日常的なものです。かつ闘争課題と解脱が一体化したものです。そして洞窟から出て以降は、日常的な皆が集まる食事の場そのものが、同時に饗の場であり、方針の合意の場であり、かつ最大の解脱共認の場であった、と思われます。

しかしその後採集生産中期以降の「まつり」は明らかに「非日常的」なものになり、従って大掛かりで手の込んだものつまり「象徴的」なものになっています。ではなぜまつりは「非日常的」「象徴的」なものになったのでしょうか?

結論から言うと、いつも一緒に一体となって生活している集団であれば、非日常的な特別の儀式は必要ありません。つまり、その条件が消えたことが非日常化した原因と推測されます。そして、それにはおそらく二つの要因が考えられます。
一つは狩猟生産の進展です。概ね狩猟生産については男達の遠征部隊がおり、母集団から離れた場所で獲物を求めてキャンプを張っています。つまり皆がいつも行動を共にしているわけではありません。だからこそ皆が集まる統合の場を「人工的」に設定する必要があったのだと思います。

もう一つが(こちらの方がより本質的と思われますが)集団規模の拡大とそれに伴う集団の分割及び多段階編成です。
これを作り出した原因が同類圧力であることは既に触れました。集団分割は小集団内の共認の高密度化を、多段階化(概ね胞族・氏族・部族の3段階編成)は集団全体としてのヒエラルキー的編成を意図したものです。つまり圧力条件の変化に伴い、集団(闘争)適応を高度化再編したものです。

しかしこのことは同時に集団統合上厄介な問題を孕みます。例えば単位集団に分割されれば、単位集団相互は日常的には行動を共にしません。それぞれの単位集団には自己収束性(閉鎖性)のベクトルが働きます。つまりそれぞれの集団間に遠心力=独立性のベクトルが働きます。
また集団のヒエラルキー編成は上位統合課題(防衛・土木・指導課題等か?)を担う層を作り出し、これまた彼らは日常的には単位集団の人々とは「一緒にいない」状態を作り出します。以上の集団統合上の矛盾に直面し、だからこそ改めて人工的に「祭・祀・政」が一体となった”特別の場”を設ける必要があったのでしょう。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_32641
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
新テーマ:「日本人は闘えるのか?」? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/10/26 PM08
217905 闘争課題を包括した祭り場は求心力を生む ダイ 09/10/23 AM07
217626 社会的なまつり場 衛藤信義 09/10/19 PM07
217568 日本には5000を越える古くからの祭りがある R 09/10/19 AM00
217365 現実場面で充足する”まつり”へ 澤根和治 09/10/16 PM06
123942 抜歯について ゆずの素 06/06/27 AM09
123893 現代に見られる課題に向かうための儀式 匿名希望 06/06/26 PM10
90734 社会統合様式としてのまつり 渡辺卓郎 05/05/14 PM10
89829 カメルーンのエジャガム族の仮面結社社会の事例 渡邊かお里 05/04/30 PM11
89825 呪術宗教にみる共同体規範 谷崎俊文 05/04/30 PM11
87775 多段階編成集団統合のための祖霊信仰、私権闘争のための守護神信仰 細田卓司 05/03/23 AM02
87422 集団規模の拡大と祭り 下城浩一 05/03/15 PM11
87414 “会議”を、“まつり”に変えていこう。 根木貴大 05/03/15 PM10
84333 シャーマンが生まれた理由 阿部和雄 05/01/21 AM00
33055 日常から離れた特別な場(まつり)の演出 橋口健一 02/06/08 AM01
32642 採取生産時代のまつり統合とその限界A 北村浩司 02/06/03 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp