次代の活力源は?
322900 子どもたちのシビアな視線を真っ向から堂々と受け止められるか?
 
佐藤英幸 HP ( 54 新潟 塾長 ) 16/12/28 PM02 【印刷用へ
確かに好きでやっていることは時間が経つのが速くてとてもではありませんが8時間労働とか週休2日とかを守れません。大体において仕事にはお客さんがあり一段落するまで24時間考えている、だからこその観念停止3分間が有効なのであってとても心身が楽になり新しい発想に結び付きます。

それに子どもたちだって24時間遊んでいて寝ていても遊んでいるというか遊ぶために寝ているので寝ることは準備行動とも言えます。そしてむしろ遊びながら休んでいて、かけっこして休んで、ごっこ遊びして休んで、釣りをして休んで、野球をして休んでいます。ご飯を食べながら休んで、長距離ランナーなどは走りながら休んでいるのではないでしょうか。受験生の中で元旦マラソンを欠場させられて悔しがっていました。絶好のリラックスタイムだったわけです。

それに遊びにもいろいろあるものだと想うのは、受験機会が数か月早い子がいると想うのですが、文字通りお友達と残りの中学高校生活をエンジョイして遊ぶ子もいてそういう子が多いのですが、中には受験に縛られない読書やトーイックなどに向かったり、またハードな部活動に復活して夜中まで練習したりすることを選ぶ場合もあります。何か建設的なことをしている方が本当に合っている人も多くいて、興味深いことにも、4月からの高校や大学、3年間、4年間の過ごし方のシュミレーションを試行錯誤していろいろな人の話を聞いて計画を立てている子さえいます。

そう最近の子どもたちの共通点の一つは、将来に対する計画性を持っていることですね。70年代80年代だったらとりあえず進学して流れに乗るということでしたが、15年過ぎからは流れとは自分で飛び込んで行ったり作ったりするもののようです。そしてそのための能力がいるのです。ただ雑談したりしているのではなく、ある程度目的をもって会話している感じ。たとえそれが学校の英雄についての噂話だったとしてもそれ自体を楽しんで消費するというよりは、活躍の内容や支持基盤を評価している。

そう言えば、昨日のネットの記事で、漁師さんが1年間使ったジーンズが大人気で中古のジーンズが4万円以上で売れているというのがありましたが、もうここまでくると手に職というのは生きるすべとしてだけではなくて人気のまとなのですね。さらには生命力とか生活力のご利益があるくらいに想っているのかもしれません。

子どもたちの身近な教師についての評価ももう半端ない厳しさで、オールオアナッシングに近い。総スカン、一部の信奉者あり、全員から高評価、大体この三段階しかなくて、驚いたのは、

信頼だけではどうやら最高の評価には届かないらしくて、信頼というのは好感がないわけではないというレベルであり、何か問題があれば評価1か2にすぐに落ちてしまうようなのです。全員から高評価の場合は評価が長続きしており、詳しく聞いてみると教師の前に前職があって教師らしくない人物がほとんど。教員採用試験に受かららず仕事をしながら諦めなかったという人ですね。おそらく想像ですがその受かるまでのつなぎの仕事もまんざらではなかったようで、生徒たちにしょっちゅうそのつなぎの仕事から得られた体験談を聞かせているようなのです。

もうなにか、義務教育→高校→大学→教師という学校の学校のための学校による教員養成系は負けています。このパターンは好きでやってはいるのだけれども、いずれは学校から追い出されるほとんどの人数の子どものことを考えられないのです。そんな指導に適合する子は何パーセントもいないでしょう。またおそらくこれも想像ですが部活の指導が嫌だとか休ませてくれとか言われる気持ちは理解できますが生徒と部活をやるのって仕事ではないですよね?とも想います。若い子をたくさん無条件に集められるそんな夢のような職場に不満があるとなると、一度やめて生徒募集から始めたほうが良いと想います。大学で怠ける権利、仕事が嫌いになる自由でも学んでしまったのかもしれません。
 
List
  この記事は 322882 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_322900
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp