次代の活力源は?
322847 なぜ高学歴大学生が大工になりたがるのか
 
高梨俊寛 ( 54 島根 プランナー ) 16/12/26 PM08 【印刷用へ
nikkei BP netより
リンク

現場での手仕事を通して、人が笑顔で暮らせる家をつくりたい――そんな実感を求めて、全国から高学歴な学生たちが集まる会社がある。静岡県沼津市に本社をおく平成建設。

 管理と営業職以外は下請け会社などに外注する大手のゼネコンやハウスメーカーに対し、すべての業務を内製化(自社内で対応すること)するために、2000年から新卒大学生の採用を本格的に開始。大卒で大工になれる会社として認知度を高め、新卒求人媒体が実施している学生の就職人気ランキングでも、大手企業が居並ぶゼネコン部門で9位(09年度)と健闘している。
 
 今回取材に協力してくれた同社の若手社員たちは、家族や友人の戸惑いを尻目に、自らのやりがい重視で、かつて「3K」とも呼ばれた現場仕事を選び取っている。世間体や学歴にとらわれることなく、他人の役に立つ仕事をまっすぐに求める生き方に減速生活者(ダウンシフターズ)ぶりを見た。

「おまえ、京大の大学院出るんだぞ!」

 京都大学大学院の修士1年目の3月、渡邉徹が両親に自分の就職先を伝えた時、父親は開口一番そう言った。その苛立ちが渡邉にも伝わってきた。父親の勤める建設会社には、大卒の現場作業員などいなかったからだ。大阪府箕面市にある実家で、平成建設から内定をもらってからの事後報告だった。

 「いや、そうだけど…、現場で働きたいんだ」

 息子は自分の意思をはっきりと伝えた。そもそも、渡邉が京大で土木工学を学んだのは、建設会社に勤務する父親の影響だった。ダムや橋梁などの大規模土木工事も手がける会社で、父親は現場監督だった。昔、宮崎サファリパーク工事の際の話を、父親から聞いたことがある。通常の建築より規模が断然大きい工事現場で、大勢の部下を動かす父親に息子は漠然と憧れていた。

 その気持ちに少しずつ変化が表れる。中学生までは明朗快活な性格だった渡邉は、高校に入ると引っ込み思案になり、ラグビー漬けの生活に明け暮れる。まず、自分は人前に立つようなタイプじゃないという想いがふくらんだ。大学に入ると、巨大な土木工事より、人が暮らす住宅建設の方が仕事の成果が見えやすいと考えるようになる。

 ただし建築といっても、設計・監督・現場作業などに分けられる。どれが自分に一番合っていて面白いと思えるのか――。そう考えると、現場で、自分の手で作ることができる仕事がいいという結論にたどり着いた。

 世間的には、京大の大学院卒にふさわしい進路は設計士だろう。正直に言えば、そんな先入観と自分の結論との間で多少の葛藤はあった。しかし体力には自信があったし、何より身体を動かして働くのも好きだった。大学時代もラグビー部の練習以外に、家庭教師ではなく肉体労働のアルバイトに精を出した。パチンコ屋やホテルの深夜清掃で、汚れた床や厨房機器をピカピカにするのが快感。現場仕事が性に合っていた。

 ある日、インターネットで「大工」で検索すると平成建設がヒットした。大卒でも大工になれる会社があるんだ、という発見に気持ちが躍った。面接では実際に現場で働いている社員らが話してくれて、作業内容もよく分かった。渡邉の予想以上に若い社員が多く、会社も増収増益で勢いがあると感じた。

 そんなに有名な会社じゃない、でも面白そうだな…、ここしかない、と渡邉の気持ちが固まった。
 
List
  この記事は 322607 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_322847
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
323078 安倍首相はウルグアイ前大統領から日本人の心を学べ 高梨俊寛 17/01/02 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp