もはや学校は終っている
321561 何気にやってる「体育座り」の本当の意味ってなんですか?
 
鎌田華菜 ( 23 ) 16/11/10 PM04 【印刷用へ
(リンク

去年、都内から神奈川に引っ越してから気付いたんですが、神奈川って、公園だけでなく、緑のある場所って多いような気がするんですね。例えば休日の横浜・みなとみらいのあたりでも、芝生でレジャーシートを敷いてゴロゴロしてる人達がたくさんいて、その光景が東京では見かけなかった、ゆるみすとな感じなんで、めちゃくちゃいいんですよね〜(笑)ちなみに、レジャーシートの上に座るときどんな風に座りますか?僕は座るというよりゴロゴロタイプです。習慣なのかわかりませんが、結構、体育座りの人っていませんか?僕は窮屈なんでする気になりません。(汗)

 
Q.何気にやってる「体育座り」の本当の意味ってなんですか?
A.奴隷の象徴であり、心身に与える影響も大きいのです!!

■ウィキペディアでは
「体育座り」が学校教育に取り入れられた歴史は、 昭和40年に作成された『集団行動指導の手びき』がきっかけである。[要出典] ここでは、集団行動様式の一つとして、「姿勢」の項目の中で、 「腰をおろして休む姿勢」としてしめされている。 この坐法は日本語で一般に「体育座り」と呼ばれることが多く、次いで「体操座り」が多い。以下省略、詳細は下記リンクよりご覧ください。

■囚人座り
この姿勢はナチス・ドイツが開発したと言われていて、日本では戦後GHQによって、学校教育に取り入れられた座り方です。この姿勢により、目線が下になり、口もポカンと空き、気道も開くので食べ物を誤飲しやすくなります。また、内臓は下垂し、足自体が地面を押していない骨盤・尾骨の位置関係から、内側に圧力がかかり変形がひどくなります。更に、頸椎3、4番がつまり、上顎運動になります。胸椎の圧迫、呼吸の異常が起きたりします。まさに『手も足も出せない』状態であり、体を使った洗脳政策のひとつです。海外ではこの姿勢はないようです。マーメイド座りか、手を後ろに置いて体を支える座り方です。

■医学的にも奴隷座り
機能的残気量・呼吸が浅くなる。その結果判断力が悪くなる。その習慣を癖にするのが目的です。カイロプラクティックや解剖学的にも、「行動、思考がうつむき、なすがまま、言うがままになってしまう」座り方なのです。

本人もあまり気づかない脊柱側わん症

脊柱側わん症は、脊柱が側方に曲がるのが基本的な形です。また、側わん変形は「ねじれ」、つまり脊椎が曲がった方向に回旋するのが特徴です。
そのため一方の肋骨が後ろにとびだし、前屈すると高さの左右差を生じます。


*「体育座り」の本当の意味って、奴隷の象徴であり、心身に与える影響も大きいのです!!姿勢を変えましょう!!

(中略)

 長年洗脳され、日本人は大人も子供も従順で疑問すら感じなくなっています!今までも何度となく言ってきましたが、まずは、思考停止状態を解除しましょう!そしてこの事実に気付いて、自ら奴隷に成り下がるのはやめ、 思考・行動までコントロールされる姿勢(内側も外側も)を変えてみましょう!
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_321561
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
328037 体育座りはGHQが日本へ導入。アメリカ本国では一切行われていない。 匿名希望 17/07/14 AM00
生きづらいカラダ〜骨盤育児@〜 「女の職場話」 17/05/20 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp