新資源・新エネルギーの開発は?
319073 フリーエネルギーが広まれば闇の世界支配はすぐに終わる〜水が燃える仕組み
 
岸良造 ( 63 香川 技術者 ) 16/08/30 PM09 【印刷用へ
フリーエネルギー技術の一つに水を利用した発明品がある。
それは「オオマエガス」「ブラウンガス」等が有名でるが、そのメカニズムを簡潔に紹介したブログがありましたので転載します
______________________________
zeraniumの掲示板(リンク

【フリーエネルギーが広まれば闇の世界支配はすぐに終わる〜水が燃える仕組み】

(略)
倉田大嗣氏の『水を燃やす技術』(2008年 三和書籍刊)参照

 「水が燃える」メカニズムを簡潔に要約する。それは特定周波数で水素を分離させて”燃やす”!。「水は酸素と水素が『共有結合」によって結びついている物質であり、この『共有結合』の電子が共鳴するような周波数の電磁波をあてると、ほんの少しのエネルギーで酸素と水素に分解する。その混合気体で、電磁波発信に要した何倍ものエネルギーを得ることができる」

 その周波数の一つが926kHz(キロヘルツ)であることも解明されている。
 「共鳴作用さえ起こせればよいので、整数倍または整数分の一の周波数などで、他にも共鳴を起こせる周波数が存在するはず」(Nさん) この共鳴現象を起こす電磁波を発生させるエネルギーは極小でよい。その共鳴で、水は水素と酸素に分離される。その水素が燃えて極大エネルギーを出す。まさに投入エネルギーより、はるかに大きな出力エネルギーを生み出すのだ。これこそ、フリーエネルギーそのものである。

「電磁波は電圧が変化するときに発信され、必要な周波数で電圧が変化する電子回路を設計することで、『水燃焼装置』が作れるはずです」(Nさん) 実際にNさんは手作り装置にチャレンジしている。それは1個20円のICチップ、1個20円のオペアンプ(増幅器)、1個1〜20円程度の抵抗、コンデンサー等を組み合わせて、電源はアルカリ電池2〜4個という安上がりの装置である。「…水が100℃で沸騰するのと同じような物理的事実として、『水は○○ヘルツの電磁波で燃料になる』と世界中に広めることで、支配構造の前提は崩壊し、NWOの構造は永久に不可能になります」(Nさん)

 ここまで読んでも、「本当に水が燃えるのか?」と半信半疑の人も多いに違いない。
 我々は生まれた時からコントロールされた世界に生きており、脳に刷り込まれた”常識”はこのような”非常識”を受け付けない。

 倉田氏は、その著書の『水を燃やす技術』で次のように解説している。
「水は通常、約104度の角度で2つの水素(H)と1つの酸素(O)と結合しています。ですがこの原子はH-O-Hと、180度に並んでいるのではなく、通常、酸素(O)を起点に、約104度の角度で『共有結合』しています。同時にこのHは、近くの他の水分子と『水素結合」によって穏やかに繋がっています。このことが、水のさまざまな特徴を作り上げているというわけです。」(倉田氏)

 よく水の”クラスター”というが、それは”塊”(かたまり)という意味である。
 つまり水はHOという単分子であると同時に『水素結合』で繋がった高分子でもある。「活性水」(かっせいすい)などもよく聞くが、つまりエネルギー準位が高い水という意味だ。クラスターつまり塊が小さいと、飲用した場合でも生体への吸収が早い。具体的には渓流の水や湧き水がそれに相当する。そして水は河川を下って下流に行くほど、エネルギーを失い、クラスターが大きな水に変化する。下流のドブ川の水などがそうである。さらに、水の神秘に迫って行こう。(略)

「スタンリー・マイヤーは水で走る車を作っていた」 
 この「水が燃える」という真理に到達したのは倉田氏だけではない。

 すでに多くの人が知っているエピソードに、米国の発明家のスタンリー・マイヤーの悲劇がある。彼は「水が燃える」という衝撃事実を突き止め、それを応用して水で走るエンジンまで開発していた。さらにそのエンジンを搭載した試作車を作ったが、それはなんと、アメリカ大陸横断が可能という高性能なものだった。

 その時の映像がyou tubeに残されているが、「水は普通の水道水でも雪解け水でも何でもかまわない」と言っている。そして1998年3月20日、マイヤーは仲間たちと完走祝いの乾杯グラスを飲み干した。ところが彼は突然、苦悶し始め、抱えられて外に出たマイヤーは「奴らに毒を盛られた!」と最後の言葉を残して昏倒し、絶命した。57歳だった。

 ちなみに、ユル・ブラウンも同様に水を電気分解して、水素と酸素を発生させ、ガソリン車のエンジンを改造し、実際の走行にも成功している。1リットルの水から2000リットルの酸素混合の可燃ガス(ブラウンガス)を発生させ、350〜400キロも走行できたという。つまり、1リットルの水でこれだけ走れるのだ!マイヤーの水エンジン車が83リットル弱の水で大陸横断できるののも当然だろう。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_319073
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
319522 人は電力会社なしでも生きられる 猛獣王S 16/09/13 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp