素人による創造
316222 学習は生産性の究極の形である
 
匿名希望 16/06/11 AM09 【印刷用へ
現世が諸行無常であるならば、どれがベストかは時間の経過と共に変化していくはず。学習を止めた時に、生産性は終わりを迎える。

以下リンク
ライフハッカーより
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私たちは誰もが習慣化することが大好きです。朝の習慣、午後の習慣、夜の習慣。どれも良いと思っています。考えなくても自然に楽々とできてしまうようになるまで1つのことを反復するのが習慣化です。

習慣は信じられないぐらい強力で、私の人生に健康と成功と生産性をたくさんもたらしてくれました。

しかし習慣には良くない側面もあり、それについては十分に語られてはいません。習慣は停滞の原因にもなり得るのです。

なぜ習慣は停滞の原因となり得るか

習慣がどのように停滞を招くかを理解するには、まず習慣の素晴らしさを理解する必要があります。

わかりやすく説明するために1つお話をさせてください。

私は初めて車のハンドルを握ったとき事故を起こしそうになりました。停止信号を見てブレーキを踏もうとしたのですが、代わりにアクセルを踏んでしまったのです。自動車学校の教官がドアハンドルを握って衝撃に備えたのを今でも覚えています。彼の顔には明らかに恐怖が見て取れました。幸いにして、交差点にいた車がうまくそれてくれて、私の足はブレーキのペダルを見つけました。それから必死でバックしようとして、またしても大事故になりそうでした。

時間を今日まで早送りします。今の私はスムージーをのみ、お気に入りのポッドキャストを聞きながら何の苦労も無く運転できます。助手席に座っている人に話しかけても全然平気です。ときには、家に帰る道を運転しながらまったく考えなくてもいつの間にか自宅の私道までたどり着いていることさえあります。

初めて運転を始めたときと現在との間に発生したのは、自動性です。

しかし自動性にも難点があります。自動化すればするほど、私たちは当該スキルの学習と上達を続ける方法は考えなくなり、新しいことを試さなくなります。上達とセレンディピティを代償にして効率の良さを手に入れ、その結果が停滞です。

同じことを何度も反復するだけでは進歩につながりません。2006年のアメリカ合衆国記憶力チャンピオンであり作家でもあるジョシュア・フォア氏はこの状態を「OK停滞」と呼んでいます。彼の著書『ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由』で、彼はその根本的プロセスを説明しています。

1960年代に、心理学者のPaul Fitts氏とMichael Posner氏は新しいスキルを習得する際の3段階を説明してこの疑問に回答しようとしました。第1段階は、認知的段階として知られていますが、作業を合理的視点でとらえ、より能率的にやり遂げるための新しい戦略を見つける段階です。第2段階は結合的段階で、第1段階ほど集中しなくても大きなミスを犯すことが減り、効率が良くなります。最後は両氏が自律的段階と呼ぶ段階に到達します。そうなるとその作業をするのに必要なだけのスキルは身についており、原則として自動操縦でできてしまいます。たいていの場合、それは良いことです。

しかし、生来人間は同じことを何度も反復してさえいればいいようにはできていません。『The Black Swan』の作者であるNassim Taleb氏はこれを次のように説明しています。「私たちは決して同じことは繰り返さないように生まれついています。オフィス、ジム、通勤、スポーツなどの閉じられた状況におかれると、反復ストレスにより傷ついてばかりの生活になります。」

学習>生産性

木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧の刃を研ぐのに使うでしょう。


── エイブラハム・リンカーン


ここにこの問題の核心があります。すなわち、習慣とは同じことを何度も繰り返すことで効率的にそれをこなせるようになることです。学習とは今まで一度もしたことがないことに挑戦して、成長することです。

よって、私はインターネットに関して次のような提案をしたいと思います。

毎日を生産性より学習することに重きを置いて過ごしましょう。なぜならば、学習は生産性の究極の形だからです。

何をすべきか考えるのと同じぐらい自分が実際にしていることから学習することを考えてみましょう。

ToDoリストを作るように学習目標を設定しましょう。

達成できたことだけでなく、学習できたことも評価して喜びましょう。

学習するには時間を取られますが、ひとたび学んでしまうとその後は永久に報われます。ウォーレン・バフェット氏の次の言葉はまさに核心をついています。

一般的に、自己探求こそ人間ができる最善のことです。自分の才能を伸ばすものなら何でも見つけようとすることだからです。誰もそれに税金をかけたり取り上げたりできません。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_316222
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp