これからの暮らしはどうなるの?
311502 世界一幸福で「テキトー」な国フィジーと、日本の若者の意外な共通点1
 
彗星 16/01/19 AM09 【印刷用へ
【lifehacker】のサイトより
『世界一幸福で「テキトー」な国フィジーと、日本の若者の意外な共通点(リンク)』の記事がありましたので転載します。
今の日本にかけている本源性とは、こうした共有意識、自分や相手への寛容さ、今と対峙し、過去は振り返らないという心の有様なのかもしれません。本来の人の姿をよみがえらせてくれるように思います。
本当の幸せとはなにか?がわかりそうな気がします。
---------------------------転載
『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』(永崎裕麻著、いろは出版)の著者は、南の島国フィジーに移住して9年目になるという人物。大学卒業後にシステム・エンジニアとして働くも、「この先の未来に本当に幸せはあるのか」と自問した末、3年目に脱サラ。以後は2年2カ月をかけて世界一周の旅をしたのだといいます。そしてそののち、価値観を大きく変えることに。

***************************
 ある時、私もフィジー人と出会い彼らが「世界でもっとも幸せを感じている民族であることを知りました。そして共に暮らすことで、日本人の私たちからすればあまりに非常識だけれど、着実に幸せを引き寄せる習慣をフィジー人は持っていることも知りました。(「はじめに」より)
***************************

 非常識であることの例として著者は、「財布から勝手にお金を抜かれることがある」と打ち明けています。しかしその一方、借金したお金さえ物乞いに渡してしまう親切な一面も。そして、お店の店員もマニュアルを守らずテキトーだけれど、お客さんもテキトーなので問題なし。過去と未来を気にしないので同じ失敗を繰り返すものの、おかげで小さなことにクヨクヨすることもないというのです。
フィジーは2014年の「世界幸福度調査」で世界一になったといいますが、そのあたりに鍵がありそうです。

■フィジー人が持つ、4つの幸せの習慣
 幸福度についていえば、フィジーは「客観的幸福度」にくらべて「主観的幸福度」が高いのだそうです。環境うんぬんの難しい話とは関係なく、「自分は幸せだ」と口に出せる国民であるということ。そして著者はフィジー人の生き方のなかから、4つの「幸せの習慣」を見つけたといいます。
***************************
●モノもお金もなんでも「共有」する習慣(59ページより)
フィジー人と暮らして驚かされるのは、驚異的なシェア度だそうです。フィジー人には「私有」という感覚があまりなく、なんでも「共有」するということ。
 たとえばフィジー人と共同生活をしていると、自分のTシャツを無断で着られることなど当たり前で、誰かが車を買えば近所の人たちで共有することになるそうです。モノだけではなく、お金についても同じ。また、子だくさんの夫婦が、子どもができない夫婦と子どもを共有したりもするというのですから驚きです。
 分け与えることに喜びを強く感じる人たちであるため、借金してまで物乞いに寄付したり、オレオレ詐欺にわざと引っかかったりもするのだといいます。「人に嘘をつかなければならないほど困っているんだから、助けてあげないと」というのが、わざとだまされる理由。
***************************
***************************
●自分にも他人にも「テキトー」な習慣(60ページより)
 次に挙げられる特徴は、「細かいことは気にしない」という"限りない大雑把さ"。フィジー人はテキトーなのでストレスフリーであり、自分にゆるく、もちろん他人にもゆるく生きているというのです。
 レストランでオーダーしたメニューがそのとおりに出てこなかったり、お会計の金額が間違っていることなどは序の口。海外では欠かすことのできないパスポートですら、名前や誕生日が間違って発行されるのだそうです。
 著者はスペイン語を数単語知っているというだけの理由で、コカイン所持容疑のコロンビア人男性への取り調べを任されたことがあるとか。テキトーにもほどがあるという感じですが、「テキトーを許すからこそ得られる幸せ」がたくさんあるのだと著者。
***************************
***************************
●どんなときも「現在フォーカス」する習慣(61ページより)
 過去を反省せず、未来の心配もしないのがフィジー人。そして、いつも「いまここ」を生きている。だから仕事で大きなミスをしたとしても反省せず、それをネタにして仲間と爆笑。そして反省しないから、同じミスを繰り返し続けるわけです。
 しかしそれでも、将来に対して不安にもならないのだといいます。なぜなら、「なんとかなる」「誰かが助けてくれる」と確信しているから。貯金もせず、健康を気にすることもなし。口癖は「Don't Worry! Be Happy!」。だから、貧しく健康ではなかったとしても、みんなとても幸せそうだというのです。
***************************
***************************
●光の速さで「つながり」をつくる習慣(61ページより)
 フィジー人とひとこと話すだけで、「人類みな兄弟」を地でいくコミュニケーション力に驚くことになるそうです。たとえば知らない人から呼び止められ、5分間くらい雑談すると「いまからウチでランチはどう?」と招待されることもしばしば。また温暖化の影響で水没の危機にあるキリバスに対し、大統領は「全員フィジーに移住していい。我々は困っている隣人に背を向けることはない」と宣言したのだとか。ご近所さんレベルの小さなコミュニティから地球規模のコミュニティまで、すべてが自分の家族のような感覚でいるというわけです。
***************************
 フィジー人の「主観的幸福度」が世界一である理由は、これらの習慣が当たり前に行われているからなのだと著者は主張しています。そしてそこに、日本人が抱える「幸せのギャップ」を埋めるヒントがあるとも。
---------------------------2に続く
 
List
  この記事は 311258 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311502
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
311503 世界一幸福で「テキトー」な国フィジーと、日本の若者の意外な共通点2 彗星 16/01/19 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp