生物の起源と歴史
311319 異種の植物間で遺伝情報がやりとりされている
 
稲依小石丸 ( 30代 犬上 ) 16/01/13 AM03 【印刷用へ
寄生関係にある異種の植物間において、メッセンジャーRNA(mRNA)を通じて相互に遺伝情報をシェアしていることが確認されました。
この異種間での遺伝情報伝達は少なからず発生しており、外圧変動時の変異可能性として蓄積していることも十分に考えられます。

◇植物が有している未知の遺伝子レベルのコミュニケーション手段を発見、バージニア工科大リンク
<Science Newsline>より
////////↓↓転載開始↓↓////////
Virginia Techの研究グループは、植物同士が大量の遺伝情報をシェアするために使用している新しいコミュニケーション手段を発見した。

Virginia Techのprofessor Jim Westwoodは、植物同士が分子レベルでどのようにコミュニケーションを取っているのか、科学的にはこれまでまったく未知の領域の門戸を開放することに成功した。植物が用いているこのコミュニケーション手段を利用することにより、穀物の収穫に大きな被害を及ぼす寄生雑草などを駆除するための新しい手段を獲得することができるようになるだろう。

そして彼はこの研究成果を雑誌「Science」を通じて発表した。

「こうした inter-organismコミュニケーションの存在は、我々が認識し得なかっただけで、これまで多くの種類で存在していた可能性がある」とWestwoodは言う。「そして今、我々は、植物は相互に遺伝情報をシェアしていることが判ったのです。ここで問題となるのは植物は何時、お互いで遺伝子情報をシェアしているのか?ということになるでしょう。」

Westwood は寄生植物のネナシカズラ(dodder)とその宿主植物となるシロイヌナズナ(Arabidopsis)とトマトの関係性を調べた。ネナシカズラは宿主植物から水分と栄養素を得るために吸器と呼ばれている器官を使用している。Westwoodは先行研究において、この寄生相互作用が行われている最中には2種類の植物の間でRNAの伝達が生じていることを発見していた。

今回、彼はこの先行研究の成果を発展させた上で、mRNA(messenger RNA)の相互交換がどのように行われているのかについて調べた。ただし、当初、mRNAは壊れやすく短命であることから、mRNAがこのような形で2種類の植物の間でやり取りされているとは想像することはできなかった。

しかし、Westwoodは寄生関係が生じている間において、数千のmRNAの分子がこの2種類の植物の間でやり取りされている証拠を発見した。このことはこの2種類の植物は寄生関係を通じて自由にコミュニケーションを取ることができていたことを示している。

こうして遺伝子情報を交換することによって寄生植物は、宿主植物に対して防御機能を低下させるように伝えることで簡単に攻撃を加えることができるようになる。Westwoodは次なるプロジェクトでは具体的にこのmRNAの交換を通じてどのような内容の事柄が会話されているのかを調査することを検討している。
////////↑↑転載終了↑↑////////
 
List
  この記事は 309899 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311319
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
植物と人類の共生関係? 〜何故植物の葉は全て緑色なのか?〜 「地球と気象・地震を考える」 16/02/06 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp