世界各国の状況
311116 ロシア主導の国連軍が米国製テロ組織を退治する?
 
雪竹恭一 ( 53 大阪 営業 ) 16/01/07 PM00 【印刷用へ
>ロシアだけでなく中国もISIS掃討戦に参加するとなると、これは上海機構のテロ戦争である(もともと上海機構は911後、中国と中央アジアのテロ対策 組織として作られた)。中露はBRICSの主導役でもあるので、BRICS(中露印伯南ア)も、このテロ戦争を支持しそうだ。中国が主導する発展途上国の 集団「G77」(134カ国)も賛成だろう。G7以外の多くの国が、プーチン提案を支持することになる。

>ロシア軍のシリア進駐に対しては、欧州諸国も支持し始めている。ドイツのメルケル首相やショイブレ財務相が賛意を表明したし、オーストリアの外相はイランを訪問し、シリアの内戦終結のための交渉にアサド政権も入れてやるべきだと表明した。これらの発言の背景に、シリアに対するこれまでの米国主導の戦略が、 200万人のシリア人が難民となり、その一部が欧州に押し寄せるという失敗の状況を生んでおり、好戦的で非現実的な米国でなく、中東の安定を模索する現実 的なロシアと組んで、シリア危機の解決に取り組む方が良いという現実がある。欧州は、ISIS掃討に関するプーチンの提案に賛成だろう。

>これらのロシアの動きの脇には、経済面中心の伴侶として中国がいる。シリアをめぐるプーチンの国連での提案は、世界が米国覇権体制から多極型覇権体制へと転換していく大きな一つのきっかけとして重要だ。
>露中やBRICSにEUが加わり、イスラエルまでがロシアにすり寄って、中東の問題を解決していこうとしている。米国は傍観している。
リンク>より引用


もはや米国覇権の衰退は明らかです。中露を中心とする上海協力機構のみならず、欧州諸国もロシアの味方です。さらには、米国が裏で支えてきたイスラエルまでがロシア寄りになっていることは決定的であると思われます。もう米国の援軍となる勢力はほとんどいません。

言うまでもなく、ISISは米国戦争屋の傀儡であり、日本人人質事件やパリ、シリア等で行われているテロも全て裏で米国戦争屋が企んだ茶番です。

ロシアは米国戦争屋が企んだ茶番に真っ向から戦っているのであり、多くの国々がロシアの味方についているのは、もう米国戦争屋の企みは許されないという世界共認ができつつあることを意味していると思われます。日本のマスコミは全く焦点を当てませんが、世界情勢は、米国支配からロシア主導へ転換しているとの認識が重要です。
 
List
  この記事は 311006 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_311116
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
317799 中東戦争を起こしてイスラム教徒の撲滅を謀りたい勢力が暗躍している 匿名希望 16/07/29 PM01
311535 ロシアが北朝鮮に接近 雪竹恭一 16/01/20 PM00
311485 金貸しの隠れ蓑・・・国連 本田真吾 16/01/18 PM05
311330 アメリカの外交力の低下(中東和平が崩壊の危機に) 雪竹恭一 16/01/13 PM04
311263 ロシア帝国の成立過程 日出・真田十勇士 16/01/11 PM01
311220 加速する脱ドル化:ドルを使わないイラン-ロシア“新貿易協定” 村上祥典 16/01/09 PM11
311214 ロシア、イスラエルとも歴史的な連携によりますます存在感を強める 匿名希望 16/01/09 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp