健康と食と医
309015 日本は欧米で売れなくなった抗がん剤の在庫処分場
 
和三盆 15/11/01 PM08 【印刷用へ
アメリカ食品医薬品(FDA)は、抗がん剤を禁止しています。理由は簡単です。抗がん剤は、ガンを逆に多発化させるからです。では、なぜ日本ではがん治療に今なお、抗がん剤が使用され続けられているのでしょうか?

(以下、リンクより引用)

日本の医療は最先端だと思っていましたが、10年は立ち遅れています。
これは日本を出ないと気付かなかった事です。
向うの末期がんの患者さんは明るいです。
日本の末期の癌患者さんと、アメリカの違いは明るいんです。
なぜなら、治ると思っているから。
特に医療のシステムとガンの治療法が違いますね。

【癌は治らない病気だと教わるのが常識の医師】
日本では癌は治らない病気ということになっている。
日本プラズマ療法研究会の研究員で、元国立がんセンターの初代総長を務めていた島村医師が自分の患者さん6000人について、術後10年後どうなっていたか調べたそうです。
すると、驚いたことに、100%全員亡くなっていた。
そこから、島村先生は限界を感じ、療法を工夫されたそうです。

【日本で抗がん剤が使われる理由】
アメリカ食品医薬品(FDA)は、抗がん剤を禁止しています。
なぜなら、ガンを逆に多発化させるからです。
抗がん剤の正式名称は、「遺伝子合成阻害剤」。
海外ではそう呼ばれているけど、日本では呼ばれていません。
抗がん剤は、癌を多発化させるので使用を禁ずるとあるんです。
15年ほど前からです。
WHOも抗がん剤使用を自粛するように通達しています。
ところが日本では厚生労働省が通知をしていない。
役所にどうして通知しないかと問うと。
「市場在庫があるから」という答えでした。

患者は在庫を処理させられているんです。
その在庫は、日本の在庫ではなく、アメリカの在庫です。
抗がん剤の特許はアメリカ企業で、アメリカで売れなくなったので日本に流しています。』

日本のガンビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネスです。
ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。
回転式本部やアメリカのガン患者は、皆明るい。
なぜなら、治ると思っているから。
ガンは、乳酸アシドーシスを改善していけば治る!
ガンは、身体の酸化を還元する、つまり電子を失った身体に電子を与えていけば治る病気です。
だから陶板浴や水素療法やプラズマパルサーやAWGや重曹などで治ってしまうのです。
ハッキリ言えば、ガンはその程度の病気なのです。(←これを言うと嫌われる!)
日本のガンビジネスは、抗がん剤(マスタードガス)などでガン患者を殺し続け、ガンで死んだと信じ込ませるビジネスです。

日本は欧米で毒薬だとバレた薬やワクチンの最終在庫処分場です。
人を殺したり、人に障害を与えるとバレてしまった毒薬を捨てずに、家畜扱いしている日本人に押し付けているのです。
子宮頸がんワクチンや血液製剤、抗がん剤などが、その代表です。
エイズやギランバレー症候群、乳酸アシドーシスになろうが、死のうが、別に日本人ならいいか!という感じです。
日本の医者はバカで無慈悲だから、同胞を殺しまくっても何も感じないし、日本人はおとなしいから文句も言わないだろう!とナメているのです。
日本の医者は自分や身内のガンには抗がん剤を使用しませんが、他人であるガン患者にはバンバン使いまくります。
マスタードガスで患者を殺しまくっても法で罰せられませんし、むしろ国から推奨されています。
最終的に悪事がバレても、「自分たちは知らなかった!」で通すつもりです。
日本では、毎日千人くらいが、病院で殺されています。

日本では、ゴミを路上に捨てたり、浮気したり、飲酒運転したりすれば、極悪人の様に批判されます。
それだけ日本人は潔癖です。
製薬会社や医者のやっている事は、そんな事とはレベルが違います。
医者や薬が病気を治してくれる!と信じている人たちを、騙して殺しているのです!
何百人も、何千人も、何万人も、何十万人も、何百万人も、殺しているのです。
なぜこんな極悪な行為を許しているのか、理解に苦しみます。
これ以上の悪行は思いつきません。
日本の医者の多くは、連続殺人犯など足元にも及ばないほど、ケタ違いに人を殺しています。
洗脳と無知の恐ろしさを、本当に思い知っています。

ガン宣告されても、絶望しないでください。
ガン宣告されても、医者の脅しに屈しないでください。
ガン宣告されても、手術・抗がん剤・放射線被曝をしないでください。
自分は死にたいのだ!という人ならいいですが・・・。
ガンは乳酸アシドーシスなどで、身体が酸化していく病気です。
酸化を止めなければ具合が悪くなり、いずれ死にます。
酸化を止める、酸化を還元するのは、特に難しいわけではありません。
陶板浴・水素・プラズマ・電子治療器・アーシング・食事療法・温熱・光線・テラヘルツ波などを駆使すれば、改善していく可能性が高いのです。
メディカルカッピングで、原始的に乳酸を取り除く方法もあります。

日本のガン患者の多くは、抗がん剤などで殺されています。
ガン治療で殺されているのを、多くの人はガンで死んだ!と信じ込まされているのです。
欧米で有害と暴露された毒薬を、日本人は強制的に投与されて亡くなっているのです。
その最悪な治療を避ければ、かなりの高確率でガンは治ります。
ガンを治す方法は幾つもあるし、それらを組み合わせる事も可能です。
それを知っている治療家やガン患者は、笑いながらガン治療をしています。
人類がガンを克服できないのは、支配者・製薬会社・医者が殺人的なニセのガン治療を強制しているからです。
ガンが怖いのではなく、支配者・製薬会社・医者と正規のガン治療が怖いのです。
すべては、詐欺・イカサマ・八百長だったのです。
人類はガンを克服できるのに、克服できないと信じ込まされているだけなのです。
金儲けと人口削減のために・・・。

(以上、引用おわり)
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_309015
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
309629 医療は『医猟』、闇の医療ビジネス 瀬部倫一郎 15/11/23 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp