本能⇒共認機能⇒観念機能
308785 「氣」は日本人の潜在能力を封印するために戦後GHQによって「気」に変えられた
 
蔦宇兵衛 ( 加賀 ) 15/10/24 PM08 【印刷用へ
日本人の能力を全開に発揮させるために、「気」(〆る)ではなく、「氣」(八方に放出)を使いましょう!

リンク より
********************************

【漢字は東洋の神秘】

日本語は50音訓すべてに意味があり、世界で一番周波数の高い言語です。一番低い周波数の言語は英語であり、だから闇の権力者が英語を世界共通言語にして人類の意識レベルを下げるように持っていっています。

特に日本民族はやっかいな存在であり、どうしても日本人に目覚めてほしくないアメリカは、「保健所」「教育委員会」「大学病院」を買収し、日本人の強靭な肉体と精神力は食事、出産体系、麻の文化にあると知り、すべてを破壊しにかかります。

また、マスコミもCIAの監視下に置かれ、時事通信、共同通信などは操り人形です。また、新聞社などのトップレベルは全員フリーメイソンであり、政治もすべてそうです。その時点で政治に期待するなど無駄であり、我々日本国民の一人一人の意識レベルを上げなくては、日本は危険です。

また、マスコミのタブーはかなりありますが、その中に日本人の心を象徴する「言霊」「音霊」「数霊」「色霊」「形霊」があります。そして、言霊の破壊をGHQはマスコミを使って成功させていきます。特に戦後の漢字の変化も日本人の弱体化を狙ったものだという事実も存在します。

最初に「氣」について言及しますが、氣の上の气という部分は天地を表している。气の中にある米は、八方に開いている姿をかたどったものであり、天地の八方に生命エネルギーを放出していく状態を表わしています。米から生命エネルギーをいただくから「氣」という意味もあるが、本来の意味はこうした意味があります。

これに氣づいたアメリカは、GHQの占領政策の際に「氣→気」に変えて日本人の精神性を劣化させました。气にメというのは、天地のエネルギーを閉じ込める意味があり、人間に備わった潜在能力の封印という意味もあるのです。漢字は東洋の神秘といわれ、的確にすべてを表しています。

「気」という漢字を使っていたら、知らず知らずの内に自らの才能や可能性を閉じ込めてしまう恐ろしい文字であり、使ってはいけない漢字です。気→氣に文字を変えるなど簡単なことであり、そんな簡単なことを改善するだけで、運氣なども飛躍的に上がります。

腐るという文字は五臓六腑の府で體を表し、その體の中に肉が入ると腐るという文字になり、腸内に肉が入ると腐敗するというのを日本の先人たちは看破していた事実があります。肉など日本民族は戦前までほとんど食べていませんでした。體に悪いのを理解していたのでしょう。

『体』の本来の漢字は『體』であり、漢字の簡略化による日本人の肉体の弱体化を狙った曰く付きの漢字であり、見事に成功している事実があります。なのでわたしは本来の漢字である體を使うように心がけています。體は本来、体で訳せるほど単純ではありません。 

ちなみに『氣』を養うのは米であり、アメリカにより奪われた玄米になります。玄米の糠には米の栄養素の95%が詰まっており、それを取り除いたのが白米です。まさに粕(かす)とは漢字の通りであり、糠とは健康な米という意味があります。

白米という粕を食べて元氣になれる道理はないというのを漢字は表しており、元氣とは「氣が元に戻る」意味があります。精力の精にも米がありますが、日本人は玄米を食べないでどこでパワーを頂くのでしょうか?

癌という漢字は『食品の山』と書きますが、スーパーやコンビニの危険な食品も食べ過ぎると病氣になると戒めているのに氣づいているでしょうか?ジャンクフードを食べすぎると病氣になるのは、漢字が教えてくれている事実です。

塩は『人の口で血になる土』を表し、微量元素のミネラルなどを表したり、體に必要であるのを漢字は表しています。自然塩は海のエキスを凝縮しているが、海は『母なる人の水』と書きます。フランス語では、海と母はラメールと発音しますが、その母なるエキスを凝縮したのが塩であり、減塩など間違った行為になります。 

體ついでに頭を良くするのは『豆』であり、「頭、喜、嬉、豊」には豆が含まれるし、體という本来の文字にも豆が含まれます。豆は植物性たんぱく質の王様であり、味噌とかの優れた発酵食品になるものです。たまに大豆は體に悪いと否定する声も聞きますが、漢字を知ると頭の営養素ではなく、心の営養素でもある事実は否定できないし、感性を豊かにする意味もあるのでしょう。

また、子どもを漢字で子供と書く人間は即刻やめてほしい。「供」という漢字がふさわしくないとする理由は、お供(とも)」「供奉(グブ)」などというように、従属や隷属を意味するから、あるいは「○○ども」と複数の集団をさげすんで呼ぶいい方に使うからであるのも理由ですが、供には供養の意味があり、逆さ仏の意味があるからです。

そんな文字を使っていれば大事な子どもに先立たれる危険性が高くあります。現に病院出産、牛乳、ワクチンにより時限爆弾を植え込まれ、水道水の次亜塩素酸で脳を破壊し、食の欧米化で心を破壊し、音楽で意識を閉じこめ、トドメに殺人医療という、まさにやりたい放題の無法地帯なのが日本だが、子どもを漢字からでも守ってほしいと願います。

<後略>
********************************
以上
 
List
  この記事は 308302 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308785
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
308786 「私」は個人主義を浸透させるために戦後GHQによって与えられた⇒本来は「和多志」 蔦宇兵衛 15/10/24 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp