アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
308255 ノーベル平和賞の暴露本の内容がすごい 平和賞はやはり政治的だった
 
瀬部倫一郎 15/10/06 AM00 【印刷用へ
 これまで度々噂に上がっていた件ですが、内部告発者による暴露本が出版されたことで、やはり事実だったということがはっきりしました。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ノーベル平和賞の暴露本の内容がすごい 平和賞はやはり政治的だった(リンク

■世界で最も名誉があり、議論となる平和賞

 ノーベル賞の中でも最も議論されやすい平和賞は、スウェーデンではなくノルウェーで発表・授与される。世界中で話題となる平和賞の受賞者を決めるのは、首都オスロにあるノーベル平和賞委員会のメンバーである、たった5人のノルウェー人だ。この平和賞の裏の舞台は、これまで厳重に機密扱いだったのだが、その暴露本『平和の秘書、ノーベル賞との25年』が17日に発売された。

 5年間、平和賞を見守り続けた秘書の暴露本
著者は、1990〜2014年の25年間、委員会の議長と秘書として、平和賞の表と裏舞台をずっと見守り続けていたゲイル・ルンドスタッド氏。受賞者が毎年発表される際に、委員長の後ろで、いつも無言で立っていた人物だ。これまで6人の平和賞委員会の歴代委員長をサポートし続け、誰よりも長く平和賞に深く関わってきた人物といえる。

 ノルウェー政府関係者にとっては、大爆弾
暴露本の存在が明らかになった出版日前日は、ノルウェーのメディアが速報として大々的に報道した。委員会やノルウェー政府の関係者は、恐らく真っ青になったことだろう。反対に、報道関係者、政治学者、一般国民は、機密情報の暴露に驚きながらも、一部は歓迎し、大きな興味を示した。なぜか?

■外国メディアは取り上げないけれど、ノルウェーメディアが毎年批判していたこと

 毎年世界で話題となる平和賞だが、外国メディアは受賞者の功績のみに着目しがちだ。テレビや新聞などは伝えられる情報の時間や文字数に限りがあることから、さらに奥に突っ込んだ話題を紹介することが難しい。反対に、情報数に余裕があるノルウェーの報道陣が毎年取り上げ、批判していたことがある、それは平和賞の政治的独立についてだ。

           【 中略 】

■平和というのは政治的だ

 政治的独立は可能か?いや、それは必然的に、無理だ。というのが、本全体から伝わってくる。ルンドスタッド氏も、「平和というのは、政治的だ」と強調している。だから、「選考メンバーの経歴が政治家であることは問題ない」、ただし、「過去に首相や外務大臣だった人物は、委員のイスに座るべきではないだろう」と述べている。

 本書では、ノルウェーの各政党やノルウェー外務省がどれだけ委員会と密接につながっているかがわかる。中国の劉暁波氏に平和賞が与えられる前後から、中国や関係各国から圧力があったかことが記録されている。

■次期首相候補が、圧力をかけていた

 今回の本書でノルウェーの人々を驚かせたのは、次期首相候補であり、労働党の現党首ヨナス・ガール・ストーレ氏が、2度にわたり、委員会に圧力をかけていたことだ。当時の委員長であったトルビョルン・ヤーグラン氏に、両国の外交に悪影響がでることを懸念し、劉暁波氏への授与に関して、警告していた。

■首相の微妙な立ち位置

 マララ・ユサフザイさんなど、有名で人気な平和への貢献者が来たときは、会談や夕食を共にしようと必死になる政治家たち。だが、外交に影響がでる相手だとわかると、見えない圧力をかける。しかし、国内メディアや国際的な批判などを考慮して、毎年のように、首相は結局お祝いの言葉を述べる。

 「中国との関係悪化を懸念するなら、当時のストルテンベルグ首相は、平和賞と政府は無関係であることを強調するために、正直に委員会の決定には懐疑的であることを、テレビの前で言うべきだった。首相がお祝いの言葉を述べて、中国が怒るのは仕方がない。ノルウェー政府は、自分たちの立ち位置を明確にするべきだ」という旨の内容を述べている。

 ノルウェー政府が、誤解をされるような平和賞との中途半端なかかわり方をしていなければ、現在も継続している中国との国交悪化は、ある程度避けられただろう、ということだ。

■平和賞を得るために群がる人々

 今年は日本の憲法9条や被ばく団体関係者も、平和賞候補にノミネートされている。さて、ノミネートされて、最終的に選ばれたい時はどうすればいいのか?その舞台裏も書かれていた。推薦者たちは、委員会のメンバーに気に入られようと、オスロを頻繁に訪ねてくる。こっそりと贈呈品を渡そうとする者もいる。活動をアピールするために、ノルウェーにきて、現地メディアに記事として取り上げてもらおうとする者もいる。委員会の事務所ロビーでは、そのような「ロビー・ビジネス」があるそうだ。ルンドスタッド氏は、贈り物などでメンバーの心は動かないが、現地で報道されたりすることが、まったく影響していないとは名言していない。

 オバマ大統領の平和活動の手助けにはならなかった
平和賞は、平和活動にすでに貢献した人だけではなく、授与後、「受賞者の活動に後押しとなるように」、との「希望」もこめられている。だが、大きな議論となったオバマ大統領については、「平和賞の授与は、アメリカ国内で批判を巻き起こし、オバマ大統領の平和的活動には、委員会が期待していたほど貢献できなかったようだ」と述べている。

 ちなみに、本の出版が発表された日は、ノルウェーメディアが本をしっかり読まずに、誤読して、「オバマへの授与は、間違いだった」という見出しを載せてしまった。それは一部の英語のメディアでも掲載されてしまったようだ。これは間違いであり、同氏はむしろ「授与はある程度は正解だったが、委員会が期待していたほど、平和賞はオバマ大統領の活動の手助けにはならなかったようだ。オバマはまだすべての期待には応えられていないが、それは時がたてばわかるかもしれない」という旨を書いている。

■委員長との確執の事実

 ほかにも、ノルウェーメディアが頻繁にネタとして取り上げていた、前委員長ヤーグラン氏との人間関係は報道されるほど悪くなかったこと、ヤーグラン氏の英語レベルを批判していたわけではなかったこと、スウェーデンのノーベル賞委員会との複雑な関係、過去の受賞者とのエピソードを明らかにし、ノルウェー人が平和賞を受賞するのは現実的に難しいこと、受賞者の名前の発表前に情報が漏えいすることがあることなどを語っている。

            【 後略 】

【鐙麻樹 北欧ノルウェー在住 ジャーナリスト&写真家】
 
List
  この記事は 299993 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_308255
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
308500 日本はなぜノーベル賞受賞者が増えるのか 孫市 15/10/14 PM08
308415 行司役まで務め…「TPP交渉」米国の使い走りだった甘利大臣 惻隠之心 15/10/11 PM10
308408 ノルウェーでは選挙中、小学生が宿題で政治家に問う。「あなたの政党は難民のために何をするの?」 志水満 15/10/11 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp