西洋医療と東洋医療
305412 「リンパ管を通す=鍼を刺す」が癌を治す!?
 
匿名希望 ( 30代 北海道 ) 15/06/29 PM08 【印刷用へ
母が癌を患った。医者の言うがまま、いわゆる三大治療の手術、抗がん剤、放射線治療、全てやってみた。それでも、再発・転移と悪化を繰り替えした。抗がん剤の後の再発は、最後の投与から6か月後だった。それに対し、医者の言い分は、「半年間大丈夫だった(効果があった)」だった。そして、再発した腫瘍を手術で取り除き、万が一のためにと放射線治療をし、その途中で転移が見られて急遽ストップ。抗がん剤に切り替えると言ったのだ。
三大治療に対する疑いは、一層強くなった。

当の本人は、最初から今でも体調不良や痛みなどの自覚症状がなく、運動もすれば、食事も普通に食べれる。如いて言えば、手術後の排尿に違和感があったり(本人は手術をしたから仕方ないと思っていたらしい)、怖くてお腹が触れないといったくらい。

他の可能性はないか探索している中で見つけたのが免疫療法やAWG治療(段階的マイナスイオン電子投射)、気功など。そして、その治療法を扱っている医院はないか調べたが、ネットにでさえあまり情報が出ていない治療法もあり、治療法に対する考え方を読み取れる限りで、当たりを付けて、ある鍼灸院にたどり着いた。「波動測定器」という謳い方だったが、とにかく話を聞いてみようと電話をしてみた。そうしたら、「今は他のいい方法を見つけたから、時間も無いようだし、一度受けに来てみたら?」と言ってもらった。すぐに母と一緒に行くことにした。

そこでの治療は、触診とダウジングに始まり、気功と鍼、528hzの音を聞かせたリンパをきれいにする水のみだった。「他のもっといい方法」というのは、リンパ本幹を柔らかくするための長い長い鍼だった。

先生が言うのは「すべての病気はリンパで説明がつく」「坐骨神経痛やうつ病も。脳腫瘍だって、脳に血管に沿って空洞がある。そこはリンパ管があるんだ。」「血管が委縮しているのは、その横に走っているリンパ管が詰まったり、委縮しているからなんだ。」「病院の先生は、その根本の仕組みがわかっていない。」「だから、いくら手術したって、薬を入れたって、問題は解決しないまま。」だった。

実際、鍼を二の腕、脇、腹部、ふくらはぎ、と一通り刺入した後(長い鍼で、腕や足は平行に、おなかは背中まで達するのではないかと思うぐらい奥深くまでグイグイ刺していた。鍼を刺す=「リンパを通す」らしい。)、母のお腹を触らせてもらった。そうしたら、ふにゃふにゃだった。最初は、張っているような硬さがあったのに。正直、びっくりした。まだまだ、始めたばかりだが、本人もその変化に可能性を感じ、三大治療絶対の呪縛から解放されたようだった。他にもいろいろ試せることはあるかもしれないと。

しかし、一方でリンパとは何か?その正体と仕組みがいまいちわからないままだった。
調べてみたら、各臓器へ栄養素を届け、老廃物を受け取る役割をしているのがリンパだった。ちなみに、リンパ液の成分は、血液とほぼ同じで、赤血球を含まないため、赤くない透明の体液である。

全身を流れているリンパにトラブルがあれば、体のあちこちで老廃物が溜まることになる。そして、リンパ管の流れが滞るということは、免疫を正常に働かせるために必要なリンパ球(リンパ液の構成物で白血球の一種で、その中でも癌細胞やウイルスに感染した細胞を攻撃する免疫の主役は「キラーT細胞」)が十分に行き届かないことになる。そうなると、たまった老廃物(主にはタンパク質)が糖化し、細胞の癌化を促してしまう。そして、リンパ球が行き届かないことで、その癌細胞を攻撃することができなくなる。

そこから見ると、鍼をやってくれた先生の言う「すべての病気はリンパで説明がつく」も理にかなっているように思った。そして、今後も経過観察しながら、身体全体の仕組みと向き合って、治療を考えていきたいと考えている。
 
List
  この記事は 272759 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_305412
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
307018 情報操作に打ち勝ち、草の根的に広がる東洋医学のネットワーク 匿名希望 15/08/20 PM10
306181 CTスキャンもPETも腫瘍マーカーも癌を特定することはできない 匿名希望 15/07/20 PM04
305829 癌(がん,ガン)とは何か。東洋医学・鍼灸学における癌の捉え方 蔵端敏博 15/07/11 PM00
305800 21世紀は振動医学が常識に。生命エネルギーを波動として捉えるドイツ波動健康法 匿名希望 15/07/10 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp